« 対戦DVD作成の進化(過去編~その2) | トップページ | 11/24 池袋ベガス野試合 »

2007年11月23日 (金)

11/23 ニュートン対戦会(第34回)

風邪が治ったので、身内のダル使いと1時にニュートンへ。
5時から北斗の拳の大会があるので、それまでX基盤でのDVD直録を予約しておいた。

最初は店員さんも交えてのお遊び対戦。
店員対ふうのガイル同キャラ戦や店員@バソvsふう@ホークなど。

テキトーにやっていたら早くもDVD1枚目残り20分とかになっていたので、
ふう@ダル vs ryu@DJを10番ちょっと。
中間間合いで落ち着かれるとさすがに厄介すぎるので、なんとか接近戦に活路を見出そうとがんばる。
コンボミスもあって戦績は負け越しだと思うが、そんなに負けていないかもかもw
お互いにまだまだかな?

2枚目。
現在3時30分。北斗大会は5時からで、1h前には機材セッティングに入りたいとのことなので
ここでメインのふう@ダル vs ryu@ベガ30番勝負!

序盤はかなーりこちらが暴れまくり。20戦目までは5勝1敗位のペース。
めくりホバーからの択一やめくりからの2択などがヒットしまくり。
後半の10番はかなり盛り返されたが、大幅に勝ち越ししホクホク♪

4時過ぎたが、まだ北斗の基盤が到着していないので、収録続行。
ふう@ダル vs ryu@リュウをやれるだけ。
さすがにキャラ差があるから中間間合いで落ち着かれるとやばいが、
こちらもファイヤーへの反応真空がほぼ完璧にできたので、いい勝負!

波に乗ってくると、手足へのバクチ昇竜や、起き攻めの投げと昇竜の2択ヒット率もいい感じ。
ダルの立ち中Kへの対抗としてこちらも立ち中K。
それを意識させて立ち中Kを振って、ダルのしゃがみ中大Pを誘ってこちらの中大足という戦法も
少し機能した。


基盤到着が遅れ、大会開始も遅れることが確定したので、DVD収録限界近くまで遊んだ。
30番ほどやったが、序盤は少し負け越しで、中盤は勝ち越し。終盤は負け越しといったところか?
この頃になると伸びていない右手人差し指の爪(11/16のブログ参照)がかなり痛くなっていたが、
それでも頑張れたのに自分で自分を褒めてあげるw

北斗の大会準備に入ったところでハイパー台に移動。
ふうダルの練習相手としてまずはX春麗で。

序盤はこちらの飛び込みに全然対応できないことをいいことに、飛び込んでやりたい放題で勝ち。
中盤以降はヨガ先生ハイ!と逃げJ大Pと読みのブラストで対抗された。
中間間合いでの安易な気孔拳も大スラとドリルをやられるようになったので、
前者には立って空かして投げ又は元キック、後者には立ち小Pで迎撃。
また防御面の強化という意味で、百裂も混ぜるようにした。

続いてTベガで。
足が短くダブルニーもタメが長い非常に弱いキャラだが、めくりサイコは有効なのでこかして引き摺る戦法。
5連勝位した後に2敗して2勝とかかなり俺頑張った!
Xと違いダブルニーによる投げ回避も生かしてハメにも対抗できたし。

んでDベガ
Tベガのあとにやると、理不尽なまでのキャラ性能!
足長いし必殺技の性能がいいし!なんかやりたい放題で負けなし。
けど、やっぱりDTはやれることが少ない。初見では兎も角、タイマンになるとXの方がやれると思う。

その後、北斗の大会を見学。
まぁ知ってはいたけど、トキ理不尽すぎるんですけど・・・
画面端で浮かせたら120HIT位させてそのまま最後まで持って行ったりするし・・・

大会終了(21:00)後、店員さんに挨拶して飯喰いに。
ふうが未経験のラーメン屋に行こうと思ったが、
十八(シャッター)→ほんまや(臨時休業)→田中屋(シャッター)・・・
ということで「いっこく」へ

前に食べたときはつけめんだったので、今日はラーメンで。
ふうは「とんこつ塩ラーメン中盛り」、俺は「とんこつ塩ラーメン温キャベ中盛り」
Photo

とんこつのコテコテ感と塩のあっさり感が上手く出ていると思う。
油が少し多い気もしたが、おいしい!
今度は味噌ラーメンを食べてみよう。

店を出てふうが帰った後にセロさんと青ザンギさんから着信&メール着ていることに気づくorz
青サンギ氏に電話。
今池袋に着いたから来る、とのことなので、再度ニュートンへ。

青ザンギ氏着。
まずはTガイルで。あっさり殺される。
「絶対殺す!」という強い信念でリベンジ。
6連位して青ザンギ氏に「Tガイル無理!」とのありがたいお言葉を頂くw

負けて今度はXダルw
こっちの方が無理らしい。3連した後にザンギからリュウにキャラ替えしてきた。
かなりやばく最終ラウンドまでもつれたが、最後はキャラ差で押し切った。
3本先取制はこれがきついよねw

再びザンギで。ちょっと勝ったあと負け。
DJも瞬殺されたのでリュウで。

無理に大足を差込に行こうとせず、中足や立ち中Pなどで牽制しつつ
逃げダブラリには重ねファイヤーで陣地を稼ぎ、対空警戒を怠らないように心がけた。
結果かなりもつれるも2連。3戦目で負けたが、
3本制でこの青いザンギに2連できたのは凄くうれしい!♪

爪もかなり痛かったが、なぜか右腕のひじも痺れたので少し休憩。
痺れが治まったので、最後にベガザンギ6番。

ダブラリを出すポイントが以前よりも読みにくくなったので、ホバーは殆ど出せず。
それでもカニで陣地を稼ぎ焦って飛んできたところを垂直J・逃げJ大Kで迎撃していく戦法
は通用するので、これを主眼にたまにダブルニーでこかして起き攻めで殺す。
4戦目に負けたが、無事5勝1敗で締めた。

終電の時間なので撤収。
結局、12時間位いたのかな?俺。めちゃ疲れたよ!

明日はニュートンは3rd最大の大会であるクーペレーションカップ。
見に行けたら見に行こうかな?

|

« 対戦DVD作成の進化(過去編~その2) | トップページ | 11/24 池袋ベガス野試合 »

対戦会」カテゴリの記事

コメント

ふうとのタイマン結果です

【ryu@ベガ vs ふう@ダル 30番勝負】
ベガ:22221 22221 22212 22221 21121 21222 = 22(52)
ダル:00012 00002 01121 10112 02202 12100 = 8(25)

【ryu@リュウ vs ふう@ダル 30番勝負】
リュ:10221 22222 11210 02112 22211 00220 =15(39)
ダル:22102 11111 22022 20221 11022 22102 =15(40)

ベガダル戦は圧勝だから置いといてw
リュウダル戦を10番ごとにすると
    リュ:ダル
1-10  7:3(16:12)
11-20  3:7(11:15)
21-30  5:5(12:13)
序盤はこちらが圧勝、中盤は惨敗、終盤は5分という結果でした。
やっていた時の感覚と違うのは、1ラウンドごとのイメージの方が強いからだろうな

投稿: ryu@管理人 | 2007年11月24日 (土) 13時01分

超遅カキコミながら、その他のタイマン結果

【ryu@DJ vs ふう@ダル】
ダル:12122 12221 2 =7(18)
DJ:21211 21002 1 =4(13)

----------HYPER-------------------
【ふう@ダル vs ryu@X春麗】
ダル:00110 33113 1 =3(13)
春麗:33333 22332 3 =8(30)

【ふう@ダル vs ryu@Tベガ】
ダル:21033 12003 23 =4(20)
ベガ:33300 33332 30 =8(26)

投稿: ryu | 2007年12月30日 (日) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486254/9082186

この記事へのトラックバック一覧です: 11/23 ニュートン対戦会(第34回):

« 対戦DVD作成の進化(過去編~その2) | トップページ | 11/24 池袋ベガス野試合 »