« 【政治】 外国人参政権について考える | トップページ | 11/19 もうやん昼ランチ »

2007年11月18日 (日)

対戦DVD作成の進化(過去編~その1)

今日も特にネタないので、対戦動画撮りの戯言など


対戦動画のDVD作成は、JASPAのMSC大会の頃から始めましたが
当時と今とではハード・ソフト両面の環境が進化し、ずいぶんと楽になったものです。
今回は、昔の手法についてちと戯言をば・・・

昔、JASPAつーゲーセンで対戦動画を撮っていた頃は、
基盤からコンバータで抜いた動画をS-VHSビデオに収録していました。
それをPCでキャプしてCD-Rに焼いてPCで見る、という流れは既に確立していました。

ところが・・・
MSC第7回大会終了後に当時の店長(切り裂き氏)曰く

「大会動画をまとめてDVDとして売りたいから作ってよ」

「はぁ!?」

それって、DVDに単に動画を入れるだけでなく、民生用のDVDプレイヤーで観れるようにオーサリングしろってこと?

んなこと俺にできるわけねーだろ!
そんなテクもってねーよ!

とかいいつつも断れない俺w
とりあえず善処することになりました。
結果的には確立できたんだけどね。


んでその後の加工の流れだけど


  1. S-VHSのビデオデッキとPCのキャプチャーボードとをS端子ケーブルでつないでキャプ。
  2. 1試合毎等にカッティング
  3. プレイヤー名などのテロップを付ける、フェードイン・アウト等の演出等
  4. DVD用に動画エンコード
  5. DVDオーサリング

という流れでしたが、画質を少しでも落とさないため色々苦労しました。

まず、PCへの取り込みですが、MPEGへのリアルタイムキャプをするとその時点で画質が落ちますし、
その後の動画編集作業における作業効率も悪くなります。

なので、HuffYUVという可逆圧縮codecを使用しました。(キャプソフトは「ふぬああ」を使用。優れたフリーソフトです!)
この形式でキャプると画質の劣化が基本的におきませんし、
フレーム間圧縮をしないので編集作業もスムーズに行えます。

しかし、キャプした動画のサイズが巨大になってしまうという欠点もあります。
(640×480のVGAサイズで1分キャプると1GB近くになってしまいますw。)
HDDの速度が遅かったり、CPUの使用率が不安定だったりするとコマ落ちしてしまうので、気も使いまくり。
コマ落ちしていないように見えても音ズレしていたりもするしTT

また、HDDがFAT32では1ファイル最大容量は4GBまでなので、長時間キャプではすぐに限界を超えてしまいます。
なので、1試合ごとにキャプしては再度次の試合をキャプして・・・。
んでキャプの設定間違えたりすると再度キャプり直し・・・これが一番しんどかったです。


無事キャプが完了すると、今度は動画編集です。
ビデオ編集ソフトも色々ありますが、私は「PinacleStudioVer8」とかを使用していました。

まずアプリを起動し、キャプした動画を読み込むわけですが、これが結構時間掛かりました。
1試合当たりせいぜい2分程度にも関わらず、開くのに30秒以上は掛かりました。
しかし、これでもまだ早いほうで、Mpegにしたファイルを開くと1分以上は掛かる有様・・・。
(当時の私のPCはAthlonMP1800のデュアル&2GBメモリだったんですけどね)

開いたら、動画の頭とお尻の要らない部分を削ぎとり、プレイヤー名を入れる。
チーム戦などの複数試合を一つにする場合はそれらを結合し、先頭部分に動画の導入部を作成。
この作業もHuffYUVだと非常にスムーズだが、MPEGだと非常にかったるくとても無理。

必要に応じてフェードイン・アウトの演出や、結果表との統合なども行う。
また、ランキング表のスクロール動画などもこのアプリで作成。

対戦動画の編集が終わったら、HuffYUVの形式のままで編集データを保存。
この時点で最初のキャプ動画と編集データの2つが残ることになり、HDD容量が非常に圧迫される。
キャプ動画は消してもいいのだが、万が一編集作業のミスがあったらどうしようもなくなるので、まだ消せない。

動画編集用に250GBのHDD(当時約3万)を買っていたが、
その半分近くは1枚のDVD作成に費やしていたな~。

なんかやけに長くなってしまったので、
この続きはまたネタがない時にでも書きますm(_ _)m

|

« 【政治】 外国人参政権について考える | トップページ | 11/19 もうやん昼ランチ »

動画技術etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【政治】 外国人参政権について考える | トップページ | 11/19 もうやん昼ランチ »