« 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(1) -携帯電話- | トップページ | 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(3) -録画形式- »

2008年2月 5日 (火)

【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(2) -使用キット-

監査対応に追われてニュートンいけず・・・スマソ!

前回の続き


実際に携帯電話で撮影しているとよく聞かれることは、


「一体どのくらい(の時間)撮れるの?」


撮影可能時間は単純に「記録媒体の容量の許す限り」です。
これは携帯電話で撮る場合でもビデオカメラで撮る場合でも同じですね。

910SHは2GBのMicroSDに対応しています。
あくまで目安ですが、
910SHで最高画質で撮った場合、2GBのMicroSDで約2.5時間撮影できます。

まぁ、普通こんだけ長く撮れるしても、電池の方が先になくなりますけどw

次に、自分が動画撮影に用意している機材を列挙します。


携帯電話を使うとしても、それ単独ではビデオカメラと違ってホールド性が悪いし
電池の持ちも気になるところ。

     
  • 三脚(コンパクト三脚) 2100円程度
  •  
  • 携帯電話取付用アダプタ(デジカメ用三脚から流用) 1300円程度
  •  
  • 携帯電話用ACアダプター(こんな感じの) 600円程度
  •  
  • 電源延長コード(必要に応じて) 100~500円程度
  •  
  • MicroSDカード(2枚) 秋葉価格なら1GB=1000円、2GB=2000円程度
  •  
  • MicroSD-SD変換アダプタ(手持ちのMicroSDカードをポータブルストレージに差すために必要) 0円(カードに付属)  
  • フォトストレージ(私が使用しているのは「KEIAN KPD-2500」) 9000円程度から(HDD40GB込み)

こんな感じです。
Photo


それぞれの役割について


【三脚関係】

携帯電話はビデオカメラに比べると圧倒的に軽いので、三脚に頑丈さは不要です。
私は持ちやすさを考慮してコンパクト三脚を使用していますが、普通の三脚でも問題なし。
最大高が約1m。高さ調節が簡単なダボ式で、雲台の傾きが調整できる「自由雲台」になっていればより良し。

雲台にはカメラを固定するメスネジがありますが、オスネジが付いている携帯などありません(当然)。
なので、三脚に携帯電話取付用アダプタをつけ、それに携帯をつけています。
(普通のビデオカメラ等ならオスネジあるので不要)

【電源関係】

電源についてですが、内蔵電池ではせいぜい1時間程度しか録画できません。
なので、携帯電話用ACアダプタでコンセントから直接電源をとることで回避しています。

注意点としては、対戦台の近くにコンセントが必要な点です。
この点に関しては、延長コードである程度は回避できます。

【記録メディア関係】

前述のとおり、910SHは2GBまでのMicroSDに対応しており、その録画限界時間は約2.5時間です。
メディアを沢山持ち込めば収録時間は増やせますが、限界はメディア枚数に左右されます。

この問題を回避するための一つの方法として私はフォトストレージを使用しています。
聞き慣れない類の機器ですが、要は、
「メモリカード(SDカードなど)の読み込み機能をつけた外付けHDD」
という機器です。

収録限界に達したSDカードの動画をこの機器で退避してカードの中身を消して再度録画・・・
これにより、相当長時間にわたって録画が可能になります。
(2GBで2.5時間、内蔵HDDが40GBなら50時間は収録可能)

この機器の欠点は、コピー速度が遅いことです。
2GBの内容をコピーするのに10分程度は掛かり、その間は録画できなくなります。

しかし、その欠点もSDカードを2枚用意すれば解決します。
1枚をコピー中にもう1枚で録画していればいいので。


まぁ、今はMicroSDの価格がとんでもなく下がったので、必要な分だけ買っておけばいいだけなのかも。
大体半日程度(8時間)でいいなら撮るのであれば、3~4枚(秋葉価格で6000円~8000円程度)あれば足りますし。

これらの機器により、長時間安定して録画することができます。
録画中に三脚が倒れたり、足が当たってずれたりはしますけどw


次回へ続く。

|

« 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(1) -携帯電話- | トップページ | 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(3) -録画形式- »

動画技術etc」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(1) -携帯電話- | トップページ | 【動画技術】 携帯電話を使用した対戦動画DVD作成(3) -録画形式- »