« 3/9 ニュートン対戦会(第56回) | トップページ | 3/14 日本オワタ論 »

2008年3月13日 (木)

3/13 円高

ついに為替が1ドル100円を突破した。
ま、米国でドル供給を過剰におこなっているんだから当然なんだが。

マスコミの論調は、円高→輸出減→日本オワタ


しかし、
ドルは円に対してだけでなく
ユーロ、ポンド、元などの他通貨に対してもほぼ全面安の展開(ウォンは除くw)

また、サブプライムローン崩壊によりアメリカの需要が大きく落ち込むのは自明の理。
しかも、日本の現在の経済収支は過去最高レベルの黒字となっているが、
それは過去のように貿易黒字一辺倒でなく、海外からの巨額な投資収支も非常に大きい。

過去の貿易立国のイメージから日本人には

「円安信仰」

というものが根付いており、円高になると毎度毎度上のような論調が蔓延るが
現在の日本は円高の影響を受けにくい構造を作り上げているんですよ。


貿易の面で考えても、
確かに円高環境下では輸出面で不利ではあるが、逆に輸入面では有利になる。

日本の場合は多くの資源を海外からの輸入に依存している。
海外から仕入れた資源を加工して、製品として海外に売り外貨を稼ぐ。
そのための資源獲得面では円高はむしろ有利。

しかも、現在、原油は異常な高値をつけている。
1バレル20ドルだった時代から1年も経たずに1バレル110ドルを突破する状況。

このような資源高の状況では円高の方が受けるメリットが大きい。
むしろ資源高の状況での自国通貨安という展開の方が、物価上昇を抑えることが出来ずにやばい。


ま、そんなわけで
実際にその展開が現在進行中の隣国にwktkしている次第なんですけどねwww


特に根拠があるわけではないんだけど、
円高は95円位までは進むんじゃないかと思っています。

|

« 3/9 ニュートン対戦会(第56回) | トップページ | 3/14 日本オワタ論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/9 ニュートン対戦会(第56回) | トップページ | 3/14 日本オワタ論 »