« 7/24 大番 | トップページ | 7/25 民度 »

2008年7月26日 (土)

7/26 続続・竹島

もう降参らしいです。
やっぱり物乞いなんでしょうかね?w


--------------------------------------------------------------------------
■結局手ぶら ~ 権哲賢駐日大使、来週帰任

日本の独島領有権明記に対する抗議として帰国した権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が、来週
日本に帰任することが明らかになった。政府の消息筋は25日、「権大使が来週、柳明桓(ユ・ミョン
ファン)外交通商部長官の抗議書簡を持って日本に帰る方針」と語った。

権大使の日本帰任は、今回の独島波紋に対して一時的対応ではなく長期的で戦略的次元で
アプローチするとの政府の意志に基づくものと見られる。権大使はこれに関連して、最近大統
領府・外交通商部との間で、帰任日程と帰任後の日本での後続対応策に関して協議したという。

この関係者は、「権大使の帰任は、日本の独島領有権明記に対する我が政府の対応が緩和
されるという意味ではなく、より中長期的かつ根本的に対応するためのものだ
」と語った。

李明博大統領は今月23日、李洪九(イ・ホング)元国務総理など外交・安保分野の長老たちとの
昼食会の席で、「我が国が一時的に興奮して強硬対応するのでは能がない。より長期的視点
から緻密に戦略的対応をしなければならない」と述べたことがある。

柳長官の抗議書簡の内容はまだ未決定だが、日本の独島領有権主張の不当性と韓国政府
の断固たる対応意志を盛り込んだものになるという。特に独島に対する実効的支配のために
最近政府が用意した後続措置を説明して、日本の是正措置が無い限り外交的摩擦は不可避
であることを重ねて強調するとされる。

権大使は帰任後、日本の政界・学界の知韓派らと接触を持って、日本の文部科学省が中学校
教科書の学習指導要領解説書に独島領有権を明記したのは歴史的に不当性だと指摘すると
ともに、我が政府の強い対応措置を説明して、日本政府に圧力を加える方針だ、とこの関係者
は付け加えた。しかし公式謝罪など日本政府の可視的な措置がない状態で権大使が帰任する
のは望ましくないという世論も多く、影響が注目される。

権大使は今月15日、日本政府への抗議の意味で帰国した後、今月24日までに10日間国内に
滞留し、歴代駐日大使の最長滞留であった9日を超えた。

▽ソース:ソウル新聞(韓国語)

______

■権哲賢・駐日大使、結局手ぶらに日本帰る予定

日本の独島領有権表記波紋の抗議で帰国した権哲賢・駐日大使が、来週中に日本に帰って
任務に復帰することが明らかになった。

ソウル新聞の報道によれば、政府の消息筋は25日、「権大使が来週、柳明桓・外交通商長官
の抗議書簡を持って日本に帰る方針だ」と語った。<中略>ソウル新聞は、権大使の帰任後
活動について、日本の政界・学界の知韓派たちと接触を持って日本の文部省による独島領有
権明記の不当性を指摘して我が政府の対応措置を説明し、日本政府に圧力を加える、と報じた。

しかし、政府には現在、具体的な大韓民国の外交的対応措置と言うに値する内容が無い状態
だ。既にネチズンたちは、権大使の手ぶら帰任に対して批判的な声を出している。「日本は何も
変わっていないのに、我が国はどうしてこうなのか?」「まったく、我が国には戦略というものが
あるのか?」などの批判的なレスをこぼし出している。

▽ソース:デイリー・サプライズ(韓国語)(2008-07-26 17:04)


-----------------------------------------------------------------------------


7/17に↓のような勇ましい言葉を残して帰国していたんですがねw


-----------------------------------------------------------------------------

韓国駐日大使、辞任の可能性示唆「日本に戻りたくない」

 【ソウル=竹腰雅彦】
韓国の権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日大使は17日、竹島問題についてソウルで記者会見し、
「日本でやるべきことはなくなった。(日本には)戻りたくない」と述べ、辞任する可能性を示唆した。

 韓国政府は、日本の竹島領有権問題の明記決定に抗議し、権大使を15日に一時帰国させた。

 大使は、日本の対応に強い失望感を改めて表明、竹島明記について早期の是正措置を求めた。
また、北朝鮮核問題をめぐる6か国協議での日韓協力について、
「国内で世論の悪化や、協力拒否の動きが強まれば、問題が出てくる」と警告。
日本に対する協力姿勢を見直す可能性にも言及した。

(2008年7月17日22時30分 読売新聞

|

« 7/24 大番 | トップページ | 7/25 民度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/24 大番 | トップページ | 7/25 民度 »