« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

7/25 民度

ついに手を出してはいけない領域に手を出したようで・・・


-----------------------------------------------------------------------------------

■しわくちゃになったアキヒト日王

全国枯葉剤戦友会の会員たちが、25日午後にソウルの日本大使館前で行なった「日本教科書
独島領有権明記」抗議集会で、アキヒト日王と福田総理の写真を燃やそうとしている。
写真

▽ソース:Naverニュース(Newsisi配信記事)(韓国語)(2008-07-25 16:17)
____________

■アキヒト日王と福田総理の受難

枯葉剤戦友会の会員たちが25日午後、ソウルの日本大使館前で「独島領有権主張糾弾」集会
を開き、アキヒト日王と福田総理の写真を燃やそうとして、警察がこれを制止している。
写真1
写真2

▽ソース:Naverニュース(聯合ニュース配信記事)(韓国語)(2008-07-25 15:43)

____________

■福田総理の写真を燃やす枯葉剤戦友会

全国枯葉剤戦友会の会員たちが、25日午後にソウルの日本大使館前で行なった「日本教科書
独島領有権明記」抗議集会で、アキヒト日王と福田総理の写真を燃やしている。
写真

▽ソース:Naverニュース(Newsisi配信記事)(韓国語)(2008-07-25 16:17)


▽関連スレ:
【竹島問題】ソウルの日本大使館前に集結した韓国デモ隊、「アキヒト日王」(天皇陛下)の写真を燃やして抗議 [07/16]

---------------------------------------------------------------------------------

この件に関して何ら発言をしていない陛下の写真を燃やすことに何の意味があるのでしょう?

そして、この件が日本国民の対韓感情をどれだけ悪化させるか、
彼らは理解・・・していりゃこんなことできるわけないわな!!


それにしても
日本のマスコミでこの件を報道したところを過分にして知りませんが
どういうことなんでしょうかねw

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

7/26 続続・竹島

もう降参らしいです。
やっぱり物乞いなんでしょうかね?w


--------------------------------------------------------------------------
■結局手ぶら ~ 権哲賢駐日大使、来週帰任

日本の独島領有権明記に対する抗議として帰国した権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が、来週
日本に帰任することが明らかになった。政府の消息筋は25日、「権大使が来週、柳明桓(ユ・ミョン
ファン)外交通商部長官の抗議書簡を持って日本に帰る方針」と語った。

権大使の日本帰任は、今回の独島波紋に対して一時的対応ではなく長期的で戦略的次元で
アプローチするとの政府の意志に基づくものと見られる。権大使はこれに関連して、最近大統
領府・外交通商部との間で、帰任日程と帰任後の日本での後続対応策に関して協議したという。

この関係者は、「権大使の帰任は、日本の独島領有権明記に対する我が政府の対応が緩和
されるという意味ではなく、より中長期的かつ根本的に対応するためのものだ
」と語った。

李明博大統領は今月23日、李洪九(イ・ホング)元国務総理など外交・安保分野の長老たちとの
昼食会の席で、「我が国が一時的に興奮して強硬対応するのでは能がない。より長期的視点
から緻密に戦略的対応をしなければならない」と述べたことがある。

柳長官の抗議書簡の内容はまだ未決定だが、日本の独島領有権主張の不当性と韓国政府
の断固たる対応意志を盛り込んだものになるという。特に独島に対する実効的支配のために
最近政府が用意した後続措置を説明して、日本の是正措置が無い限り外交的摩擦は不可避
であることを重ねて強調するとされる。

権大使は帰任後、日本の政界・学界の知韓派らと接触を持って、日本の文部科学省が中学校
教科書の学習指導要領解説書に独島領有権を明記したのは歴史的に不当性だと指摘すると
ともに、我が政府の強い対応措置を説明して、日本政府に圧力を加える方針だ、とこの関係者
は付け加えた。しかし公式謝罪など日本政府の可視的な措置がない状態で権大使が帰任する
のは望ましくないという世論も多く、影響が注目される。

権大使は今月15日、日本政府への抗議の意味で帰国した後、今月24日までに10日間国内に
滞留し、歴代駐日大使の最長滞留であった9日を超えた。

▽ソース:ソウル新聞(韓国語)

______

■権哲賢・駐日大使、結局手ぶらに日本帰る予定

日本の独島領有権表記波紋の抗議で帰国した権哲賢・駐日大使が、来週中に日本に帰って
任務に復帰することが明らかになった。

ソウル新聞の報道によれば、政府の消息筋は25日、「権大使が来週、柳明桓・外交通商長官
の抗議書簡を持って日本に帰る方針だ」と語った。<中略>ソウル新聞は、権大使の帰任後
活動について、日本の政界・学界の知韓派たちと接触を持って日本の文部省による独島領有
権明記の不当性を指摘して我が政府の対応措置を説明し、日本政府に圧力を加える、と報じた。

しかし、政府には現在、具体的な大韓民国の外交的対応措置と言うに値する内容が無い状態
だ。既にネチズンたちは、権大使の手ぶら帰任に対して批判的な声を出している。「日本は何も
変わっていないのに、我が国はどうしてこうなのか?」「まったく、我が国には戦略というものが
あるのか?」などの批判的なレスをこぼし出している。

▽ソース:デイリー・サプライズ(韓国語)(2008-07-26 17:04)


-----------------------------------------------------------------------------


7/17に↓のような勇ましい言葉を残して帰国していたんですがねw


-----------------------------------------------------------------------------

韓国駐日大使、辞任の可能性示唆「日本に戻りたくない」

 【ソウル=竹腰雅彦】
韓国の権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日大使は17日、竹島問題についてソウルで記者会見し、
「日本でやるべきことはなくなった。(日本には)戻りたくない」と述べ、辞任する可能性を示唆した。

 韓国政府は、日本の竹島領有権問題の明記決定に抗議し、権大使を15日に一時帰国させた。

 大使は、日本の対応に強い失望感を改めて表明、竹島明記について早期の是正措置を求めた。
また、北朝鮮核問題をめぐる6か国協議での日韓協力について、
「国内で世論の悪化や、協力拒否の動きが強まれば、問題が出てくる」と警告。
日本に対する協力姿勢を見直す可能性にも言及した。

(2008年7月17日22時30分 読売新聞

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

7/24 大番

今日は現場で検品作業。
すんなり終わったのでさっさと撤収して、からし焼きを食べに十条の「大番」へ。

同僚は初体験なので「ミニからし焼き」(650円)単品。
自分は普通に「からし焼き定食」(850円)。
あとはしめさばとかビールとか適当に。

Photo

大番のからし焼きは何年振りかーつ位久々だったけど、こんなにマイルドだったっけ?
最初の一口の際にはむせたけど、あとはすんなりと。

同僚もおいしく堪能できてよかったですわ。
今度は東十条の「とん八」(定休日:木曜)にリベンジにいかないとw

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

7/21 今度は対馬

もう一つ

今度は調子に乗って対馬まで。
さすがゴネ得大好きなお国柄でw


【韓国】与野党議員50人、対馬(竹島ではありません)の返還要求決議案を発議★4[7/21]

---------------------------------------------------------------------------
■「対馬は韓国の地,。直ちに返還」国会決議案発議

[ノーカットニュース政治部ト・ソンヘ記者]ハンナラ党ホ・テヨル,チョン・カビュン議員ら50人余
りの与野党の議員らは
「対馬は韓国の地」とし、日本に即刻返還を促す決議案を発議した。

議員らは対馬返還決議案で「対馬は歴史的にも地理的にも独島(ドクト)とともに明白な韓国
の固有領土だが日本が1870年代に不法強制的占領した」と主張した。

議員らは対馬返還主張に対する一部の否定的見解に対して
、「日本が独島問題を紛争化する試みの時に無対応のままだった結果が'独島妄動を一層育てた」
として、「対馬に対する正当な権利主張は日本の独島領有権主張に対する最適の制圧論理」と主張した。

決議案発議を主導したハンナラ党ホ・テヨル最高委員は「日本が独島(ドクト)の紛争化を繰り
返すたびに、韓国はそのことに無感覚になってきた。しかし今回は強力に対応する必要があ
る」と話した。

チョン・カビュン議員は「去る1949年に李承晩大統領が対馬の返還要求を明らかにしたし、
1951年サンフランシスコ平和条約草案作成過程でも韓国が対馬の返還を米国側に要求した
ことがあった」と主張した。

「対馬の大韓民国領土確認および返還要求決議案」には大韓民国国会が
▲対馬が大韓民国固有領土であることを対内外的で確認し
▲日本に対馬返還を促し
▲官民学界が参加する「対馬返還に関する対策機構」を設置し
▲「対馬の日」を制定する
――などを含んでいる。

ソース(ハングル)
--------------------------------------------------------------------------------------

(対馬はともかく)
韓国軍による竹島の武力占領については
ラスク書簡と韓国初代大統領である李承晩による「海洋主権宣言(李承晩ライン)」
について知っておく必要があります。

また、この問題は現在の在日朝鮮人の受け入れに繋がっていく大変重要な出来事です。


ご存じない方はウィキペディアをご覧ください。


”ラスク書簡”
”李承晩ライン”

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

7/21 続・竹島(韓国軍、海兵隊駐留検討)

竹島領有権問題で、韓国は更なる強硬な措置を検討するようです。


-------------------------------------------------------------------------------------

独島守護へ…海兵隊駐留を検討


与党ハンナラ党と政府は20日、独島(トクト、日本名・竹島)問題を
今後「領土守護」の問題として扱う方針を決めた。

日本との関係を考慮し「実効的支配」だけを強調してきた消極的な対応の基調を捨てて、
強力な独島守護への意志を表明するという決定だ。

車明進(チャ・ミョンジン)ハンナラ党スポークスマンはブリーフィングを行い
「これまで独島問題に対する政府の対処が“静かな外交”を中心にしたものだったが、
同対策が限界に来ているということで党政が認識を共有した」
と述べた。

続いて「今後、党政は独島関連対策をこれまでのように“実効的支配対策”と呼ばないことにした」とし
「独島領土守護対策」という言葉に代える方針を決めた」と明らかにした。

党政のこうした決定は、独島に対する日本の領有権主張を
今後は「領土の主権を侵害する挑戦」と見なした上で取り組んでいくという意味だ。
これにより党政会議では独島で領有権を行使するための多様な案が協議されたものとされる。

車スポークスマンによると、
洪準杓(ホン・ジュンピョ)院内代表ら一部党役員は「独島に海兵隊を駐留させよう」と政府に提案した。
政府側は「軍兵力の駐留は負担になる側面もあるだけに、その影響と効果を考えて慎重に検討する」
と答えたという。

党政は独島を「有人化」する案についても積極的に話し合った。
これについて政府が提案した案は

▽「独島定住村」と「独島・愛の体験場」の造成
▽独島総合海洋基地の建設
▽漁師専用宿舎の建設

--などだ。

車スポークスマンは
「独島を有人化するのが非常に重要な問題だということに、党と政府が認識を共にした」
と伝えた。

ソース→中央日報 Joins.com 2008.07.21 09:34:01

-------------------------------------------------------------------------------------

もしこの措置を実際に行うとなれば、これは非常に大きい影響をもたらすでしょう。


というのも、
単なる実効支配に留まらず、韓国が軍を派遣することになれば
日本も何らかの対抗措置を余儀なくされるでしょう。
これにより、国際社会的にも日韓の問題が大きくクローズアップされることになります。

つまり、国際的にはよくわからないあいまいな状況から正式な

国際紛争

と見られることになるからです。

韓国に資本を投入している外国人は現在
経済危機が現実化しつつある韓国から逃げ出しています。

そのような中で
韓国と経済大国である日本の関係が悪化した、なれば、
韓国からの資本流出はよりいっそう加速することになるでしょう。

なぜなら、韓国の経済は日本との結びつきに依存しているからです
その日本との結びつきを自ら断ち切ることは
自国の命脈を絶つことになるでしょう。


ということで、この辺りの選択を間違えると
単に竹島支配の話だけではすまなくなりますね。

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

7/20 ニュートン対戦会(第58回)

超久々にニュートンへ。

今日のニュートンは、アカツキ電光石火の全国大会予選大会があって、かなりの盛り上がりを見せた。
また、板橋文化会館ではソウルキャリバーの大規模な大会があって、筐体の一部はそっちに。
なので、カウンター前にかなりのスペースができていた。


ふうダルとエックスで対戦。

最初はこっちがホークでふうガイルと。
ハメの精度がイマイチだけど、序盤はパターンを読まれる前に勝つ。
しかし、対戦をこなす内にだんだん分が悪くなってきた。

んでXサガにチェンジ。
緩急つけた上下のタイガーでガイルを飛ばせて落としまくり。
文字通り凹る。(多分15連位したかな?)

んでアカツキ大会が始まったので、しばしダベリ。

大会が終わった後に対戦を再開。
まずはこっちがリュウで、ふう@Sホークと。
動画撮る前の10数戦はかなり凹る。

その後スペースが開いたので、動画撮りしつつ再開。
序盤は相変わらずこちらのペースで進んだが、
中盤以降Sホークの対応がよくなっていき逆に凹られる。

中間間合いでのこちらの波動に見てからバックジャンプコンドルを刺されまくり。
固まると接近され立ち大Kの牽制。
しゃがんでいても喰らうので昇竜で刈りたいところだが、スカるとお釣りを喰らう。
中足には中足や踏み込んで立ち大Kを喰らい、それを嫌って固まったところを
踏み込みタイフーンからハメられて終了という展開に苦しむ。
5連敗位したかな?

その後は転ばした後の対応でめくり竜巻を封印し、
地道に飛ばせて落とすことに集中してペースを取り戻すことに成功。
20戦くらいして、6:4というところか?

ここで腹が減ったので飯。
ふうがまだ未経験の「十八」に行ったところ休みorz
(昼に通りかかった時はあいていたんだが・・・)

なので龍神へ。
ふうは季節限定の「夏つけめん」(850円)で。
俺もそれにしようか迷ったけど、久々の龍神だったので
オーソドックスにいつもの「ねりごまつけめん」(750円)の大盛り(100円)で。

別に忘れていたわけではないんだけど、
大盛りは少々多かったなぁw
おいしかったです!!

んでニュートンに戻って、最後にふう@ダルにリュウとベガをそれぞれ10戦ずつ。
結局、それぞれ11戦ずつになってしまったが
リュウで4勝、ベガで8勝という感じでした。

| | コメント (1)

2008年7月16日 (水)

7/16 燦燦斗

ラーメンが無性に食べたくなったので、先週に引き続き燦燦斗へ。

前回はラーメンだったので、
今回はつけめん(750円)中盛(+50円)で。


Photo


つけ麺だったからよくわかったんだけど、麺のコシが強くて歯ごたえがいいなぁ。
あと、何といってもチャーシューがマジ美味!!

閉店間際だったけど、食べれてよかったよ。

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

7/14 竹島

日本政府GJ!


-------------------------------------------------------------------------------
【ソウル=黒田勝弘】韓国政府は14日、日本が中学校教員の学習指導要領解説書に
韓国と領有権を争っている竹島(韓国名・独島)問題に関し日本の主張を記載したことを
「われわれの独島領有権を損なおうとする不当な企てで絶対に認められない」と強く
非難する外交通商省のスポークスマン声明を発表した。

また柳明桓外相が重家俊範駐韓日本大使を外交通商省に呼び抗議するとともに、
権哲賢駐日韓国大使を一時本国に呼び戻すと明らかにした。李明博大統領も
「深い失望と遺憾」を表明し、日本に対する政府の「断固たる措置」を指示した。

この問題での韓国側の反応は予想通りで、これまでの日本批判と軌を一にするものだ。
しかしいつものようにマスコミや政界は左右、与野を問わず、一斉に日本非難の声を
上げており、しばらく日本糾弾の動きが続きそうだ。

李明博政権は10年ぶりの保守政権として対日姿勢の変化が期待された。しかし早々に
米国産牛肉問題を機に大規模な反政府デモなどで国内政治的に苦しい状況にある。
世論を刺激する領土問題とあって歴代政権と同じく、強い対日非難を表明せざるを得ない状況だ。

日本政府は解説書の記述を緩和するなど韓国側に配慮したといわれるが効果はほとんどない。
これは近年、歴史的に両国間で領有権をめぐる対立が存在してきたという事実さえ韓国では無視され、
愛国主義的風潮による一方的日本非難が幅を利かしているためだ。

この結果、国際的に領土問題で対立する一方の国が、自国の学校教育で自国の公式的立場を
自国民に教えるという常識的なことが、韓国では「絶対許せない」として
外交問題化する異例の状況になっている。

先年、駐韓日本大使が記者会見で竹島問題に関する質問に答え、日本政府としての
公式の立場を述べたことさえ猛烈な非難にさらされたことがある。

竹島に対する韓国の実力支配はすでに半世紀以上になる。本来は人の住めない
無人島だったのに警備隊の常駐や住民登録、各種施設の設置など着々と
“有人化”が進められてきた。

ソース:産経新聞
-------------------------------------------------------------------------------

(若干濁した表記には手ぬるさも否めないが)竹島問題に一歩踏み込んだ対応もさることながら
現時点において経済危機が迫り、
10年振りの右派政権としてわが国に擦り寄る気配を見せている大統領を
反日せざるを得ない展開に追い込んだところがポイント。

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

7/10 燦燦斗

今日は同僚と浮間方面へ出張。

移送した荷物が重いうえ、途中で道に迷ったりしてめちゃ疲れる。
倉庫内整理も結構手間取ったことも堪えたなぁ。


仕事帰りに十条のからし焼き「とん八」へ。
同僚は初めてなので凄く楽しみにしていた。

 
 
定休日・・・orz

 
 
もの凄く落ち込んでしまったが、気を取り直して評判の麺処「燦燦斗」へ。
しかし、夜の部の開店が18:30でまだ30分ほど掛かるので、
近くのとんかつ屋「みのや」で軽くビール飲みながらトンカツ・メンチカツを食す。
安いのに味・ボリュームに2人とも大満足。


軽くとかいいながら結構腹にたまったんだが、初志貫徹で燦燦斗へ移動。
評判は知っていたが、ここは自分も初めて。
店内は8席だが満員なので少々待つ。

つけめんが非常に美味しそうなんだけど、今の自分は300gはきついと判断。
自分はラーメン(200g650円)で同僚はつけめん(300g750円)で、
あと3点盛り(チャーシュー・メンマ・味玉)及び酒をチョイス。

Photo


こってり目のスープに負けないモチっとした歯ごたえの麺が素晴らしい!
さらにチャーシューは、肉自体の旨みが前面に出ている感じで、酒との相性もバッチリ。

今日は普通盛りだったけど、
腹が減っていれば100円増しで200gアップの大盛はかなりリーズナブルだね。


外に出ると5人並んでいた。
評判の店であることを実感しました。

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

7/8 新宿セガ野試合

今日は早めに退社できたので、19時にセガへ。


XバルがCPU戦していたのでXリュウで乱入。
起き上がりのヒョー重ねとヒョーの択一がきつい。
なんとか最終ラウンドまでは持っていったけど負け。
2ラウンド目に1ドットまで持っていったが、削りの昇竜をリバサテラーで逆転負けしたのがきいたな。

Xベガで。
めくり3段とかがうまく決まって勝ち。

よういちさんだった。お久しぶりです!
軽く話しつつ、その後も続けてXバルvsXベガで対戦。
100円で対戦しつづけるのはお互いにきつい。

その後は常連のTケンの人とXリュウの人に数回勝って、Xリュウに負けて撤収。

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »