« 10/24 KOSPI大暴落 | トップページ | 10/25 海外メディア、「韓国、2度目の外為危機」報道 »

2008年10月25日 (土)

10/24 韓国政府、IMF支援検討を否定

あとで前言撤回なんてみっともないことはしまいと
信じていますけど・・・

いいのかな?


以下、引用
------------------------------------------------------------------------------------
「IMF支援対象に韓国」外信報道、政府が強く否定  2008/10/24 19:09 KST


【ソウル24日聯合】
国際通貨基金(IMF)が信用収縮で窮地に追い込まれた開発途上国への資金支援を検討しており、
ここに韓国が含まれているとする外信報道について、韓国政府が強く否定した。

企画財政部の崔鍾球(チェ・ジョング)国際金融局長は24日に緊急会見を開き、
IMFが外貨流動性の不足で厳しい状況に置かれている国に対する支援問題を
議論しているのは事実だとしながらも、
韓国が支援対象国に含まれているとする報道は事実ではなく、
記者個人の考えにすぎないと強く述べた。


米ウォールストリート・ジャーナルは同日、
IMFが開発途上国への資金支援の条件を緩和する方針を立てており、
その対象に韓国、ブラジル、メキシコや一部東欧諸国が挙がっていると報じた。

崔局長は、IMFも韓国の外貨準備高がどの程度かよく把握しており、
数回にわたり韓国の対外部門の健全性を発表していると強調した。

IMFの支援を受けるためには当事国が申請を行う必要があり、
IMFが韓国を対象としている可能性はないと重ねて主張した。

ソース:聯合ニュース
----------------------------------------------------------------------------------

既に現時点でIMFに対して

アイスランド(約20億ドル)
ウクライナ(約140億ドル)
ベラルーシ(約20億ドル)
パキスタン(約150億ドル)
ハンガリー
などが支援要請をしている。

まだ支援要請をしていないが、支援要請をせざるを得ない国は今後も出てくるだろう。

現時点におけるIMFの貸付可能額は約2100億ドルと言われており
支援にも限度がある。
(一応、日本がIMFに対して無制限融資を提案しているが(ソース:NIKKEI NET)


必要ないのならそれにこしたことはないけど

もし必要になったとしても、遅くなればなるほど支援を受けられなくなるかも知れないですね。


↓追加

-----------------------------------------------------------------
新興国デフォルト確率一覧表 2008年10月23日版

      CDS spread [Bp]  Annual PD [%]

1. Ukraine      2535   16.3
2. Venezuela     2224   15.5
3. Russia       1056   10.1
4. Turkey       777    8.1
5. Korea, Rep    620    6.8 (※ 22日=8位,CDS:470,APD:5.4)
6. Mexico       580    6.3
7. Brazil        571    6.3
8. Hungary      574    6.4
9. Poland       275    3.4

*) Source: Bloomberg **) Source: DB Research
-----------------------------------------------------------------

デフォルト(債務不履行)確率、急激上昇中
(他の国の順位に変動がない中で、韓国のみ前日(22日)比、3ランクアップ)


|

« 10/24 KOSPI大暴落 | トップページ | 10/25 海外メディア、「韓国、2度目の外為危機」報道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。