« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

3/28 ニュートン対戦会(第69回)

ベガ使いのtomozaさんが来ると言う事で、15:45にニュートンへ。
スト2やるのは1ヶ月振りか・・・
今日はアルカナハート2のフリプで、ニュートンにはかなりの人が集まっていた。

着いたときには既にさそりくんのリュウと対戦中。
ボスザンギも来て4人で対戦。

さそりくんとボスのリュウザンギ戦を見ながら、自分はtomozaさんと。

tomozaさんのベガにガイル・ダル・ケン・DJの順番で対戦。
完全にスト2忘れている自分に焦る。
頭で考えることも的外れ気味だが、手がそれに輪を掛けて動かない。
キャラ差で勝ったりしても釈然とするわけがないなぁ。
ケンで連キャン昇竜がバシバシ決まったところだけは嬉しかったけど。

次にボスと。
DJでは一戦目にめくりからのマシンガンコンボで殺せたが
再乱入であっさりと負ける。

サガットで10戦ほど挑むが、凹られる。
大足を空かされて大足差し込まれ、ローキックも大足と相打ちにされて、
あっちいけ下タイガーにはクルージングから飛び込まれたり。

サガットからガイルに。
最初はきつかったが、途中から勝てるようになってきた。
ボスのプレッシャーを受け流せるようになって、ようやくキャラ差を活かした戦いが出来た。

最後にリュウで20戦ほどタイマン。
今までの大足差込みとしゃがみ中Pでの牽制から、中足と立ち中P牽制中心に切り替える。
レバー引き気味の立ち中Pでザンギの立ち中Kを牽制し、
波動に狙ってくる前進ダブラリを中足で抑制してダメージを奪う。

ザンギの行動に対して受身にまわっていたのを、こちらから技を出していくことで、
ザンギの飛び込みへの対処も良くなった感じ。
負け越しだろうけど、この前の時よりはやれたかな?

アルカナの3on大会が始まり、さそりくんとタイマンしていたtomozaさんとボスが帰ったんで、
最後にさそりくんのリュウにベガで挑む。

基本、ベガの飛び込みが怖い間合いでは何もせず、更に前進して来たところをファイヤー波動。
それを見極めて立ちK当てることに意識を集中している時に飛びこんでくるスタイル。
それ以外の間合いでは強気波動連打。
これがめちゃくちゃきつい!

飛び込みへの反応が温い俺の問題も相当あるが、
リュウ側もお手玉迎撃してくると読んで、かなり上空で技を出したりと揺さぶる。

つーか、波動を地上技で潰されても意に介する必要はないのに対し、
ベガ側がインターセプト波動を喰らったら相当やばいわけで、
そのあたりのリスクをわきまえた行動をされた。

こちらのめくりもリバサ小竜巻で回避してくるから、死の恐怖が薄い。
逆に、ベガはリュウのめくりを基本的には回避できない。
当たり前のごとくヒット確認大昇竜してくるから、めくりを喰らえばこっちは死亡するわけで。

鳥かごやこっちの攻勢時の真空切り替えしなどもあったが、
基本的にキャラ差を活かしたきっちりした立ち回りをされてめちゃくちゃ凹られた。

都合30番ほどだったかと思うが
序盤から中盤に掛けて8連敗とかしたし、こっちはせいぜい4連くらい。

目押しコンボの精度の悪さや
飛び込みへの反応、波動へのカウンターナイトメアの反応など(反応はしているんだけど手が動かない)
こっちの錬度不足は否めない。

しかし、それ以上に
さそりくんの対ベガ戦スキルが大幅に上がっているのがよくわかった。
こっちが万全の状態で挑んでも
キャラ差の不利を経験で覆すことができないレベルにまで上がっていると思う。


「やり込みが全て」


帰りに龍神行ったら夜の部開店前かと思ったら、なんと臨時のお休み!
食べられないと思うと無性に食べたくなるなぁw

ということで安くて量も多い十八へ。
2人ともつけそば。さそりくんが並(460g)でおいらは1.5(340g)。

軽くダベってから撤収。

| | コメント (3)

2009年3月21日 (土)

3/21 北朝鮮への追加制裁

まっとうな措置だと思います。


以下、引用

-----------------------------------------------------------------------------------
北朝鮮への輸出、全面禁止も…自民特命委が追加制裁案

 拉致問題など北朝鮮をめぐる懸案が進展しないことを受けて、
自民党拉致問題対策特命委員会(古屋圭司委員長)は17日午前の会合で、
北朝鮮への追加制裁案を決定した。

 週内に官房長官に対し申し入れを行う。

 政府の対北朝鮮制裁措置が来月13日に期限を迎えるため、新たな制裁措置として、

  〈1〉日本からの輸出の全面禁止
  〈2〉輸出入制限などで違反した在日朝鮮人ら在留外国人が北朝鮮に渡航した場合の再入国の原則禁止
  〈3〉政府の対北朝鮮制裁措置の期間を1年以上(現行6か月)に延長――を求める。

 制裁延長にあわせて実施を目指す。

 さらに、ミサイル発射準備など北朝鮮情勢の推移を見極めたうえで、金融・税制面での制裁も実施する。
具体的には、北朝鮮に渡航する際に所持する現金で届け出が必要な額を100万円超から30万円超に、
送金する際に報告が必要な額を3000万円超から1000万円超にそれぞれ引き下げる。
在日本朝鮮人総連合会とその関連団体施設への固定資産税課税も徹底する。

 北朝鮮への圧力を強めるため、金正日総書記の個人資産を扱う金融機関等の調査、
ミサイルなど大量破壊兵器計画に関与する団体・個人の指定拡大のための調査も政府に求める。

(2009年3月17日12時47分 読売新聞)
------------------------------------------------------------------------------------


ごく当たり前の措置ですが、
このような措置、民主党が政権をとった後には打ち出せますかね?

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

3/20 マダガスカル政変

マダガスカルに法則が発動しましたね。


以下、引用

----------------------------------------------------------------
マダガスカル政変、大宇の農地開発事業も危機に

 アフリカ南東部の島国マダガスカルで17日に起きた政変を受け、
韓国の物流会社、大宇ロジスティクスが同国で推進してきた大規模な農地開発事業も
先行きが危ぶまれている。


 同国のラベロマナナ大統領を退陣に追い込み、
軍部の支持で政権を掌握したラジェリナ前アンタナナリボ(同国首都)市長(34)は
18日、記者会見を開き、
「マダガスカルの憲法は(外国企業に)土地を売ったり、賃貸したりできないと規定している。
土地の売却や賃貸には憲法改正が必要となるため、大宇ロジスティクスとの合意は取り消された」
と宣言した。
ロイター通信が伝えた。


 大宇ロジスティクスは、マダガスカル西部と東部で
それぞれ面積1万平方キロと3000平方キロ、計1万3000平方キロの農地を99年間賃借し、
トウモロコシなどを栽培する計画を立て、昨年からラベロマナナ政権と交渉を続けてきた。


 1万3000平方キロという面積は、済州島(1848平方キロ)の7倍に達する広大さで、
同事業に対する国際的な関心も高かった。

 英フィナンシャル・タイムズは昨年11月、
大宇ロジスティクスが貧困国マダガスカルの土地を無料で賃借し、
収穫した食物を韓国に輸出しようとしていることを
「新植民地主義」として報じ、論議を呼んだ。

 当時、同社は未開発用地を開墾し使用する代価として、
社会インフラの整備に数十億ドルを投資し、
現地で数万人分の雇用機会を創出するとの条件で交渉を進めてきたと説明した。


 同社の事業担当者は19日、本紙の電話取材に対し、
「マダガスカル内部の政治的対立の過程で、韓国企業が政治的宣伝に利用された側面がある」
と指摘した。


金旻九(キム・ミング)記者 

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
------------------------------------------------------------------------------


やはり「あの法則」は絶対ですね

(参考)「あの国のあの法則」

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

3/19 マスコミ信用調査

日本人はが今の日本の既成マスコミをどう思っているか
よくわかるとおもいます。


【ネット世論調査】

マスコミを支持しますか?



結果は直接リンク先を見ていただければいいとして、

なぜこのような結果になったのか

マスコミは猛省すべきでしょうね。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

3/12 ウォーキング

今日は課の有志で品川インターシティの『トラットリア イタリア』へ。

3度目の来店だけど、相変わらず美味しですわ。
特に、毎回ピザもパスタも前回とは違うものを提供してくれる心配りがいいですね。

ダイエット中なのに、またもやピザやパスタやワインやビールなど
暴飲暴食がちと過ぎた気が・・・


たらふく食べて撤収。
酔いが残りつつも秋葉まで歩く。

前回の時は
秋葉までの約9kmをかなりのペースで歩けたけど、今回は足が重い重い・・・
飲みすぎに疲れも重なったからか、もう眠くて眠くてたまらなかった。

秋葉まではかろうじて歩けたが、1時間50分掛かりました。


↓ウォーキング途中で撮影した東京タワー
04

05

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

3/6 ニュートン対戦会(第68回)

今日はふうを誘ってニュートンへ。


15:00ニュートン着。
既にふうが来ていた。
録画準備をして早速対戦。

まずは恒例のリュウザンギ戦10番。

相変わらず踏み込みが甘いので、プレッシャーが温い。
あっちいけ大足をよく出してくれるんで、燕返しを決めまくり。
そうすると更に踏み込めなくなって立ち中K牽制に頼ってくるんで、
そこにしゃがみ中Pを合わせる展開。
10番で8:2.

意識面のアドバイスをする。
 ・スクリューハメと見せて昇竜を空振らせたら、大足でなくバニシング
 ・竜巻にはしゃがみからダブラリ入力
 ・安飛び精度

んで再度10番。
しかし、まだまだ意識できないようで、殆どおんなじ展開。
結果、8:2。

次に俺が春麗使ってダルに挑む。
ふうダルの春麗戦錬度は昔に比べて明らかに上がっている。
昔は俺のテキトー春麗でもキャラ差をいかして凹ったものだが
今回は5分付近。

対空面が格段に上手くなっていた。
ということは、間合い取りが上手くなっているということ。
これには正直驚いた。

今度は店員しゃかさんの春麗にチェンジ。
10番を2セットしてこれも5分付近だったみたい(若干春優位か)。

次に俺がDJで挑む(10戦)。
ふうはDJ戦上手くなったと言っていたが、こっちは正直それほど錬度が向上していないよう。

不用意なファイヤーに頼って組み立ててしまうんで、
そこにJ大K当てるしかないこっちの戦術にもろはまる。
近距離でのあっちいけキャンセルファイヤーに小ジャックで抜けつつ当てて逆転とか。
これはファイヤーの打ち方を要研究すべし。
戦績自体は5分かこっちの若干勝ち越しか。

んで、メインのベガダル戦20戦。
ファイヤー読みまくりで5段で殺しまくり。
パターンが単調で且つなかなか修正できないんで、
最後まで気づかれずにそこをつきまくる。
結果、17:3。


そんなこんなしていたらアルカナハート2のランバトが始まったんで
ボスにメールしつつ、飯食いに行く(麺舗「十八」へ


ニュートンへ戻ってしばらくしたらボス登場!
ボスのガイルにふうと俺がホークで挑む。

ボスのガイル、ソニックサマーが尋常じゃなく凄い!
温い飛び込みとコンドルを全てサマーで斬ってくる。
冗談でなくマジで強いんですけど・・・

そんなこんなしていて、
いよいよメインイベントのボスザンギvs俺のリュウ。

ま、前回対戦した時より はマシでした。
それでも負け越しだけど、4:6に近い3:7位か?
連敗も3~4位で止めたし!

対戦して気づいた点としては

○立ち中Kを振ると見せてリュウ側に対抗策のしゃがみ中Pを振らせたところを
一歩踏み込んで大足で刈る戦術。

○こちらの足払いギリギリ外の間合いでPラリを2回ほど出して様子を見、
こちらにタイミングを覚えさせてから、
Pラリの終わり際に波動をガードさせて間合いを空けたいリュウの心理を逆手にとって
Kラリにして波動にカウンターあわせる手口も非常に上手い。

○波動ガード後の波動は余裕でラリで抜けられてこっちが不利になるから
波動を出さずに間合いを詰めるほうがいい。

○起き攻めのJ中Pは、ザンギがしゃがむとスカる模様。
その場合は小Pに代えればいいが、打点を間違えると喰らい投げされやすい。

○牽制の中足は単発が無難。
キャンセル波動はダブラリでカウンター喰らうことがある。


も少し頑張りたいところですね。


しばらくテキトー対戦した後に
ふうの撤収を機にメインのザンギベガ戦30番ほど。

前回対戦した時はかなり凹ったが、今回は色々と対策してきた。

嫌らしいのはやっぱり牽制のしゃがみ小P。
ダブルニーを出すとペチッと返された後に飛び込まれるのでやばい。
これには踏み込んで立ちKが対抗策。
しかし、踏み込みにダブラリや飛び込みもあるのでそこは読み合い。

ダブラリの出しどころも、昔と違って読みづらくなってきた。
それでも、のらりくらりダブラリよりも攻撃的なダブラリが多めなのは変わっていないんで
要所ではホバー合わせた。

5段で殺す展開は多かったが、めくりの後の目押しがイマイチよくなかったのは反省点。

戦績的には7:3位かな?


最後にガイルで挑んで数戦して終了。

早く帰るつもりが結局終電でした。

| | コメント (1)

2009年3月 6日 (金)

3/6 麺舗「十八」

ふうとの対戦(後述)が一通り終わったところで飯へ。

まだ20時前だったんでこの付近のラーメン屋は一通り空いている。
今回はふう初めての十八へ。
俺もかなり久々(1年ぶりか?)


外に2名並んでいたので5分ほど待って店内へ。
二人ともあつもりで、俺は並(440g)でふうは2.5(550g)で。

Photo


久しぶりだったが相変わらず出てくるまでに時間が掛かるのが難点。

麺の量はやはり凄い。
俺はノーマルだけど、それでも多いなぁ。

つけ汁だけど
こんなにしょっぱかったっけ?
スープ割りにしても飲めなくなかったが、俺の体質が変わったんかな?

ここの麺はモチっとしている。
もう少し麺にスープが絡んでくれると美味しさが増すんだけどな~。

しかし、量に関係なく値段が一緒なのは大変リーズナブル。
そこはいいところです。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

3/3 民主、小沢「拉致被害者は金で何人か戻してもらうしかない」

これが次期政権の首相を目指す人物の言う事なんでしょうかね?


以下、引用(ソース:産経ニュース

-------------------------------------------------------------------------
【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か (1/5ページ)
2009.3.2 00:04

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。
党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。


「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。

カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。
あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。


 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。

 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋を広げた。
「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発言の真意を、側近は
「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。
だが、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。


 「民主党に国民は不安も抱いている」。

1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿貫民輔はこう指摘した。
民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論は、野党の足並みも乱している。

   

× × ×

 小沢はどんな「政権のかたち」を描いているのか。

 麻生内閣の支持率が超低空飛行を続ける中、
次期衆院選で民主党が単独過半数(241)を獲得するとの観測が強まっているが、
小沢は単独政権を選択できない。
参院の過半数(122)まで届かず、統一会派を組む国民新党、新党日本のほか、
社民党や無所属議員との協力が、少なくとも来年夏の参院選までは不可欠だからだ。

(2)へ続く)
-------------------------------------------------------------------------------

ロクに国会に来ない”次期首相”が
またぶっ飛んだことを発言したようで・・・


こんなのが党首でも、マスコミが語る「世論」なるものでは
自民党を凌駕する支持を得ているらしいです。

では、上のような民主党の主張を果たしてどれだけの国内マスコミが報じるのでしょうか?

そして、それに対する論評は?

(麻生首相がこんなことを言おうものなら、マスコミはこぞって首相退陣キャンペーンを張るでしょうが)

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

3/2 更科「上むら」(かみむら)

今日は墨田方面へ出張。

飯処を探すものの、八広や東向島周辺には
一見さんが気軽に入れるような場所が乏しいので、業平橋へ。

そこで少し歩いたところにあった更科「上むら」(かみむら)へ(地図

最初はカツ丼にしようかと思ったが、カロリー的に拙いか?
とか色々迷った末にカレー南蛮(750円)に。
同僚は初志貫徹でカツ丼とざるのセット(1150円)。


結果・・・


Photo
Photo_2



・・・どう考えても俺が頼んだ方が量多いんですけど(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・

同僚が難なく食べ終わる中、おいらは汗だくになりながら必死に完食・・・


初志貫徹はとても大事w

| | コメント (0)

3/1 ニュートン対戦会(第67回)

前回の対戦会の時に戦った金色ベガのtomozaさんが来るということで
迎撃にニュートンへ。

14:00ニュートン着。
他ゲーメインそうな人のかなり上手めなXリュウにXダルで。
負勝負勝。その後はしばらく一人用で遊ぶ。

15:30にふうダルが来たんで、まずはリュウザンギ戦10番。
踏み込みが甘いという課題を克服できていなかったようで8:2。
さらに10番でも同様に8:2。

んで、メインのベガダル戦20番。
前回は結構苦戦したんで、最初からトップギアで臨む。
序盤、こっちのホバーやダブルニーにファイヤーあわせられる事が多く
そこからのハメを抜け切れずに負けたりする。

しかし、ファイヤーは読みなんで、ヘッドプレス多めに変更。
この戦術変更にダル側が対応できなくなり、中盤以降凹る。
最後までこの展開が続き、結局16:4位か?

軽く話した後にリュウダル戦10番。
テキトーにファイヤー出してくれているのに、なかなかそこにつけ込めない。
牽制技に立ち中Kや中足などを刺したりもするけどジリ貧。
うまくこかして起き攻めで殺したりもしたが、黒リュウやさそりくんに比べると数段落ちる。
結局3:7位でした。


再度10戦している途中に、青いザンギ乱入!


・・・絶対にあの御方だろうなぁ・・・


すげぇ威圧感!!
後退のネジがはずれているかのような前進から2択を仕掛けてくる。
大足なんか出しません。出させて転ばします。

んではじき!


やっぱりボスですわ。
対戦するのは1年振り。


んでリュウでしばらく対戦。
 

当然凹られるorz
 
 
とにかく地上戦のプレッシャーが半端ない。
ふうみたいに大足なんかずんずん歩いて近づいてくる。
そこからダブラリでクルージング。
こっちがその場で大足出したらスカるんで、そこを大足刺し返してくる。
踏み込んでくると見たら飛び込みからの2段。
躊躇していたら、走ってくるか一歩踏み込んでハジキスクリュー。

途中で何回か勝てたが、最後には勝つまでに8連敗<(T◇T)>。


今日対戦するまでは
「ボスやKGさんのザンギにどこまでやれるようになったんかな?」

・・・

・・・

いい気になっていた俺が愚かでした・・・(ToT)ゞ


さらにふうザンギもボスの指導を受けて明らかに強くなりやがった!
かなーり負けてショック ; ̄ロ ̄)!!ヤベー


ボスはtomozaさんの金ベガとも対戦。
ベガ辛そうだったんで、今度は俺が。
ここでは10連してリュウでの借りは返したが、
肝心カナメなリュウで勝てないとなぁ・・・


帰る前のtomozaさんと少しベガ談義。


そんなこんなしていたら、VIPERさん達が来たんで飯へ(末っ子へ>


飯から戻ってきて少し対戦。
ゆきのふさんのガイルにリュウで挑んだらボッコボコになって凹む。

更に3人くらい来た所で自分らは撤収。

| | コメント (1)

2009年3月 1日 (日)

3/1 末っ子

対戦会(後述)の合間に飯へ。

人数が6人だったこともあり、餃子の美味しい「末っ子」(地図)へ
おいらは3回目の来店。
と言っても、前回から数えると1年以上経ったけど。


混んでいたので少し待つ。
入った後に奥が空いたのでみんなでそこへ。

自分は焼き餃子(300円)とチャーハン(500円)で。

Photo


ここの売りはやっぱり餃子。
小ぶりだがカリっとした焼き加減と、旨みが凝縮された感じがたまらなく美味しい。
おいらはダイエット中なんであれだが、みんな2皿頼んでいたね。

チャーハンもとても美味しかったっす。
大山はラーメン専門店が多いこともあり、ここは安心して食べられるチャーハンでいいね。


そんなこんなで満腹になったところで店を出て再びニュートンへ・・・


| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »