« 12/28 ニュートン対戦会(第73回) | トップページ | 12/30 対戦会DVD作成(Vol.061) »

2010年12月29日 (水)

12/28 塩そば「真吾」

ふうとの対戦会のあと、2人で大山駅アーケード側改札近くのこの店へ。


前から気にはなっていたが、食べたことはなかった。
正直、塩なら「いっこく」1択だと思っていたし、
(中野もそうだけど)アーケードの中の店や駅前の店など、好立地な店は大抵期待を裏切られるから。


だが、入ったことのない店だし、突撃してみようということで。

ふうは「塩つけそば」中盛(800円)で、
俺は一番人気という「塩玉そば」(800円)に大盛(+100円)で


食券買って渡そうとして声かけているのに10秒くらい無視されて
正直腹が立つとともに、出てくるものに不安が生じた。


塩つけそば
Photo

塩玉そば
Photo_2


見た目はいいんだが


スープは全体的には薄味なんだけど、塩を強調しすぎていて
塩以外味が感じられない。個人的には好きでない。

麺は角型の細麺。
かたいのはともなく、コシがない。
細麺は好きでないこともあり、これも正直好みでない。

そして量が少ない。
大盛なのに、食べきった感が全くなかった。
これでいて800円+100円だとどう考えても高いなぁ・・・

唯一いいと思ったのはチャーシュー。
厚み十分、食べ応え十分にも関わらず柔らかくておいしいね。


けど、池袋にも匹敵すると個人的にはおもっている激戦区大山で
この店をチョイスする選択肢はないなぁ


久々に辛口全開の批評でした。


|

« 12/28 ニュートン対戦会(第73回) | トップページ | 12/30 対戦会DVD作成(Vol.061) »

#ラーメン関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/28 ニュートン対戦会(第73回) | トップページ | 12/30 対戦会DVD作成(Vol.061) »