« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

ニュートン対戦会DVD-通販について

【ニュートン対戦会DVDの通販について】 初稿:2010.12.31 訂正:2011.1.1


以前から通販対応の要望が来ていたのですが、対応する目処がつきそうなので
(今のところ暫定ながら)対応したいと思います。


--------送付方法について---------------------------
[料金]
1枚:200円

[送料]
5枚まで:160円(クロネコメール便)

[お支払方法]
定額小為替か銀行振込

[送付方法]
お支払金額を受領しましたら、クロネコメール便(ネットでの追跡可能)で発送いたします。

[免責事項]
・クロネコメール便は補償不可です。
・DVDの相性問題につきましては、補償できません。
--------------------------------------------------

ニュートン対戦会DVDバックナンバーの通販をご希望の方は

sirovega001 あっとまーく newton-taisenkai-dvd.clubbbq.com

○ご住所
○お名前
○連絡先お電話番号
○ご希望するDVDのVol
○支払方法(定額小為替 or 銀行振込)

をご記入の上メールをください。

なお、バックナンバーはこちら(バックナンバー表の欄外の欠番情報にご注意ください。)

以上、よろしくお願いします。


---------------------------------
2010.1.1 送料訂正(180円→160円)
      欠番情報の注意文を追記

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

12/30 対戦会DVD作成(Vol.061)

対戦会DVD作るの2年ぶりくらいかな・・・

ふうとのタイマン動画だけど、第73回対戦会のDVDを作成。

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

12/28 塩そば「真吾」

ふうとの対戦会のあと、2人で大山駅アーケード側改札近くのこの店へ。


前から気にはなっていたが、食べたことはなかった。
正直、塩なら「いっこく」1択だと思っていたし、
(中野もそうだけど)アーケードの中の店や駅前の店など、好立地な店は大抵期待を裏切られるから。


だが、入ったことのない店だし、突撃してみようということで。

ふうは「塩つけそば」中盛(800円)で、
俺は一番人気という「塩玉そば」(800円)に大盛(+100円)で


食券買って渡そうとして声かけているのに10秒くらい無視されて
正直腹が立つとともに、出てくるものに不安が生じた。


塩つけそば
Photo

塩玉そば
Photo_2


見た目はいいんだが


スープは全体的には薄味なんだけど、塩を強調しすぎていて
塩以外味が感じられない。個人的には好きでない。

麺は角型の細麺。
かたいのはともなく、コシがない。
細麺は好きでないこともあり、これも正直好みでない。

そして量が少ない。
大盛なのに、食べきった感が全くなかった。
これでいて800円+100円だとどう考えても高いなぁ・・・

唯一いいと思ったのはチャーシュー。
厚み十分、食べ応え十分にも関わらず柔らかくておいしいね。


けど、池袋にも匹敵すると個人的にはおもっている激戦区大山で
この店をチョイスする選択肢はないなぁ


久々に辛口全開の批評でした。


| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

12/28 ニュートン対戦会(第73回)

仕事納めの日休んだ不届きもの同士でニュートンでバトることに。


16:00ニュートン着。

ふうがヘッドとターンしか出せないバイソンでCPU戦。
ケンに情けない負け方で殺され乙。


ということでタイマン。


まずは、ここんところ恒例のリュウザンギ20番。
俺が2P側で対戦。


前回の対戦会でアドバイスしたダブラリの使い方はよくできていた。
しかし、いかんせんダブラリの精度が悪い。

本人いわく
「とっさのダブラリがでない」

確かにダブラリはスト2でもっとも出すのが難しい技だからね。
だけど、ザンギ使いはミスらずに出してくる。
やっぱり練習あるのみでしょう。
このあたりは、ボスやKGさんに教えを請うべきだね。

途中で立ち中Kに苦戦したりもしたが、
足払い戦で優位に立てたので16:4で勝ち。


続いて、メインのベガダル戦20番。
前回はこっちが一本調子になってドリをあまり落とせなかったので
その点に気をつけながら対戦。

誘ったドリは結構落とせてホッとしたが、後半のドリに選択ミスで
早めwニーを落とされた点は改善しないといけない。

めくり5段の精度も甘かった。

ただ、めくりホバーの精度はなかなかよく、
ふうダルの精神面の弱さから、接戦を捲くったりして勝ち。
こっちも16:4。

泣きの5番も5連でトドメ。


あとはふうダル強化特訓みたいな感じで、こっちが遊びキャラを出す。
どれも10番のつもりだったが、こっちが勝ち越したので、追加で5番~15番追加。

春麗戦については、ふうダル結構研究している。
対空やドリルの出し方は結構嫌らしかった。
春有利と思うんだけど、突き詰めていくと春もあまりやることがないと気づいた。
遠距離で気孔百裂でゲージ溜めてファイヤーを牽制するのが定石なんだろうな。
勝ち越し。

DJ戦では
対空選択とファイヤーの出し方の不味さが目立ったので苦言を呈する。

対空に多用していた小スラ-ヨガスルーの連携
(本人はつなぎミスと言い訳してたが、繋ぎミスでヨガスルーにならない)
は論外として、小スラ迎撃がなぜ不味いのかをまず説明し
対空の優先度が、
(接近)小スラ-中スラストのコンボ < 大スラ < (中間)しゃがみP < (中間以遠)立ちK
という風に選択すべきことの必要性


そして、そういう風に対空を選択できるようにするためには、
相手側の心理を読むことが大事という話に続く。

このカードは基本ダルのキャラ勝ちなので、
「ダルが有利な事やいやな事を考え」てもあまり意味がないこと。

考えるべきは
「DJがいやな事」<「DJが望んでいること」
を考えることを第一に考えるべきことを説明した。

DJは基本、飛び込みを通すことでのダメージ稼ぎと、
ダルの牽制技をしゃがみ中P・Kやしゃがみ大Pで潰してダメージを稼ぎつつ
それで体力リードしてあせったダルにカウンターのジャックを当てて転ばしてめくりで殺す
しかない。

そのためにファイヤーにエアスラで相殺を繰り返しながら、飛び込みできる間合いを確保し
隙を見て飛び込む。

それがDJの狙いなんだから、ダル側はまずはそこを抑えておくべき。
しかも、仮にDJの飛び込みをきれいに落とせなかったとしても、そこからDJが一方的に有利にはならない。
つまり、ダルがあせる必要はないのである。

その辺がきちんと認識できて、はじめて不用意すぎるファイヤーを撃つことが減るんだと思う。


苦言が生きたからか、次の本田戦は悪くなかった。
勝ち越しできたけど、対空の選択や、もつれそうなときはあっさり逃げるところは悪くなかった。


最後に、リュウダル10番。
さすがにこれは勝ち越しは無理だね。3:7。
コンボミスで負けたときは流石に凹む。

ただ、
「ダメージを取りたい」
「殺したい」
という空気がありすぎるのは改善可能なポイントだと感じる。

それでも俺レベルならこちらがなかなかそこに付け込めないけど
上位クラスのリュウならそこを切り返してくる(特にドリル)

負け越したやつが言っても説得力に欠けるけどねwww


休み中にゆ~も誘ってもう1回くらいやりたいね。


| | コメント (1)

2010年12月27日 (月)

12/27 新宿西口セガ野試合

溜まっていた仕事と相当ひどかった机の上を整理していたら
職場撤収したときすでに22:00orz

ま、とりあえずやり残したことはなく年越せそうでホッとはした。
(新年入ったらまた現実に嫌気が差しそうだけど)

ということで
(多分)本年最後の新宿セガでの野試合。
最近ザンマさんがSPOT21から姿を消したからか
SPOTは人がいないんだよね。

ということでセガへ。


DベガがCPUベガとやっていたのでXリュウで乱入しサクっと殺す。

そしたらXキャミィに殺されorz
Xベガで乱入。
キャミィ戦鍛えないといけないしねぇ


キャミィ戦はまだまだ詰めの攻略が甘いんだけど
基本的にはベガ有利な立ち回りができるので、その精度を上げることを課題に。

基本は立ちKが当たるか当たらないかの間合いを
さがり気味になりながらキープして牽制。

キャミィが垂直小K牽制した時に踏み込んで、
立ち大Kの先端を当てる。

反応が遅れて着地までに重ねられそうにないときは
 ・それでも立ちK出して地上ガードさせる(何もしないという読み)
 ・と見せかけて何もしない(キャノン出すという読み)
 ・  〃     逃げお手玉の準備(フーリガン対策)
という感じ。基本はガードさせる。

間合い完璧で早め反応が要求されるが、垂直小Kを見てから登り大Kも一応可能。
落とした直後は立ち小Kサギ当て可能。
なんだけど、今日は7割リバサ投げで返された。

起き攻め安定は、「正面J小P-立ち小K-中足-小ニー1ドット削り-逃げ小K」。
リバサキャノンは空かる。
たまに立ち小Kから投げも混ぜる。

ハメを見せたら立ち小Kの後何もせず、リバサキャノンガード-お釣り大ダブルニー。
起き攻めでめくり大K当てればピヨるので勝ち。

かなりうまいキャミィだったけど、キャラ差もあって連勝。
途中でSキャミィ、Xブラ、Xザンギなどにも変化したけど
結局負けなしの14連。


キャミィ戦をしこたまやれていい仕事納めでした。


| | コメント (0)

2010年12月25日 (土)

12/25 ニュートン2on2大会動画

12/25にニュートンで行われたX2on2大会の動画を
こちらでも転載させていただきます。


| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

12/23 ニュートン野試合

ふうダルを誘ってニュートンで軽く野試合。


中心にやったのはリュウザンギ戦。
トータルで50番はやったかな

前半は、こっちが2Pで。
踏み込みスクリューが甘いので足払い戦で優位に。
特に序盤は大ゴス前進からダブラリに中足真空を決めまくる。
さすがに途中から対策されたが、うまくごまかして凹る。

休憩中にうまいダブラリの使い方(ボスにやられる)を指南して
後半はこっちが1Pに変わって対戦。

教えたことをうまく仕掛けてきてたちまちきつくなる。
開幕間合いでその場でダブラリをまず出し、リュウの出方を見て
波動なら前進してダブラリを当てる。
足払いを刺しにくる場合は後退して足払いを空かしてお釣りを入れる。
これをきっちり仕掛けてくるとやっぱりきつい。
後半の初っ端に4連敗してマジ焦る。

その後は盛り返して最後は9連勝して面目は保てた。

あとはリュウホーク戦。
ふうホークはハメの精度が飛躍的に上がっていたが、
それでもニュートラル小Pからのハメができるわけではないので
一度投げられても即死しないからまだ楽。凹る。


リュウダルシム10番はさすがにきつい。
お互い詰めが甘い展開が多いが、ミスをし合えばダルが勝つに決まっている。
10戦して3:7だったが、こっちの3勝は後半でのものだからちょいうれしい。


最後にメインのベガダル15番。
序盤はいいペースで進めたが、中盤以降こっちの飛びをドリルで落とされて
ハメられる展開に負けが多くなる。
こっちがHP一本調子になったところをうまくつかれたなぁ。
本当はそこでドリルを待って落とすべきなんだが。

後半は一進一退だが、こっちの粘り勝ちな展開も多く、最終的には9:6で落ち着いた。


そんな感じで撤収。
当初は19:00には撤収するつもりが、リュウザンギ戦をし過ぎて21:00になってましたorz

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

12/18 切り裂き店長

IS01最終祭りで、ふじみ野にゲトーしに行っている途中に
切り裂き氏からTel

超久しぶり!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
(俺は5・6年ぶりかな)

つーことでゲトー後に戻って飯食うことに。
(ちなみに、01(5台目)は新規一括0円(安心ケータイサポートのみ)でゲトーできました)


ゆ~@リュウには連絡とれなかったが、ふう@ダルには連絡取れたんで
地元戻って2人を拾ってテキトーに流しながらCOCOSへ。


切り裂き店長は、今はなき板橋のゲーセン「アミューズメントJASPA」の店長で
当時めちゃ弱かった俺たちを心理面で指導してくれたんだよね。
店長の指摘があって、俺らは強くなったんで本当に感謝してまっす゚・:,。★\(^-^ )♪♪( ^-^)/★,。・:・゚


パチンコの話、ゲーム・漫画の話、馬鹿話だけでなく
当時のアスターテ同盟(俺ら3人のチーム名ね)に対する店長の想いや
昨今のスト2・ゲーセン事情など、いろいろ話せてたのしかったっす!!


今度はゆ~も誘って焼肉かステーキでも食いに行きまひょ(゚▽゚*)

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

12/11 ニュートンランバト大会

(12/13 大会動画掲載)
---------------------

ボスに誘われて先月に引き続き
ニュートンのXランバトに参加してきました。

↓大会動画


8時ちょい前に到着。
到着してからベガそっちのけでボスとリュウザンギ戦を延々と・・・(後述)

さすがに大会の参加エントリー直前にはベガ触ったけど
案の定、目押し5段の精度がひどすぎorz
これには焦って、エントリーした後も大会開始直前までCPU戦で目押しの練習。


ということで大会開始。
参加者10名のトナメ制シングル戦(0回戦2つあり)。

参加者は(敬称略)
KKY@ダル、ケーシン@春麗、シン@ホーク、VIPER@ホーク、ヨシヲ@ガイル
青きサイクロン@ザンギ、ちょーしゅー@ケン、ラオウ@リュウ、CB@春麗、ryu@ベガ

自分は1回戦から。

1回戦はラオウ@リュウを下したVIPER@ホーク戦。
ベガ絶対有利なカードなので逆に緊張した。

1ラウンド目は開幕からベガペースで特に危なげなく勝利。

2ラウンド目。
開幕間合いでの待ち合いに安直な小ニー削りに行ってしまう。
そこを垂直J小Pからタイフーン。
後はN立ち小Pからの連続ハメでパー負け。
凄いハメ精度だ。ヤバイ!

3ラウンド目
さすがにこちらも慎重に立ち回る。
時間が50秒位までファーストアタックでなかったような気がした。
終盤こちらが体力リードして、ハメ殺されるピンチも投げ返しでしのいでタイムオーバー勝ち。
あぶねーーー!


準決勝はKKY@ダルを下したケーシン@春麗戦。
先月のランバトで春麗戦でやっちゃいけない立ち回りで負けたので、その愚だけは繰り返さないよう心がけた。

ベガ有利な間合いはないが、少なくても大幅不利な間合いを避けることを意識。
膠着した場合はカニりたいが、ケーシン@春麗はカニの対処がうまいので、
むしろカニを意識させて裏をとることも意識。

完全に実行できたわけではないけど、要所では意識したことがうまくできたと思う。
1ラウンド目の画面端での固められたときになんとかしのげたのが勝因かな。
なんとか勝ち。


決勝は、青きサイクロン@ザンギ、ちょーしゅー@ケンを下してきたヨシヲ@ガイル戦。
大会の一発勝負だからいつも以上にネタっぽい暴れを印象付けて、
要所で裏をかくのを基本戦術とすることに試合前から決定。

ということで何だかよくわからんような攻めで横押し。
自分でもあんまり覚えていない。
最後はガード確定なのに何故か確信持って放ったダブルサマーをガードして
お釣りナイトメアでゴチ!!!

というよくわからない形で勝ちました。


大会で勝てて嬉しいっす。

だけど、それよりも、
先月のランバト時は超久しぶりの大会でガチ緊張しまくりだった点が修正でき、
自分を見失わずそれなりの動きができたことが嬉しかったですね。


大会動画がニコ動にあがったら、こちらにも載せる予定です。


あとは野試合。
久しぶりのボスとのリュウザンギ戦。
大会前はこちらが1Pで、大会後はボスが1Pに座ってそれぞれ20番程度。

前半19番は、
ボスの踏み込みスクリューが甘いことに付け込んで勝ちを拾う。
スクリューがなんかに化けることが多く、そこを中足ファイヤーや大足でお釣り。
対空も機能して、結果10勝9敗。

後半20番は、
ボス本来の鋭い踏み込みからの立ちスクリューをバシバシ決められる展開。
しゃがみ中Pを意識すると、すかった後に踏み込み大足・スクリュー食らう。
後退ダブラリに追っかけ足払いをすかってお釣りを入れられる懲りない行動にも我ながら萎えるorz。
終盤ではようやく間に合わない時には陣地を稼ぐだけで我慢することができたけど
別に有利になるわけではないし。

なんとか1P側に回り込めばかなり勝率が上がったが、回り込めなければ虐殺されました。
結果、7勝13敗。


もう少し、2P側で戦えるようにならないといけないなぁ・・・

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »