« 7/29 ニュートン対戦会(第83回) | トップページ | 8/1 大山「morris」 »

2011年7月31日 (日)

7/31 闘劇’11 大山ニュートン予選

闘劇の店舗予選のトリを飾る大山ニュートン予選。(以下、敬称略)
地元での予選なんでふう@ダルと組んで出ることに。

ふうとチームを組むのは故JASPAでの第5回MSC(マスターシークレットカップ)以来で
実に10年ぶりだなぁ・・・


当日現地でおじい@リュウを加えて
チーム「JASPA」で参戦。

14時過ぎに着いて早々にエントリーを済ませて野試合で調整。
コンボ精度に少々不安があるものの、まずまず動けていたかな。

15:30大会開始。

エントリーチーム数は8チーム。
本命はどう考えても「白虎隊」(yaya@サガ、タイラ@ベガ、サシシ@リュウ)で
対抗は「スーパーゴーゴーカレーⅡX」(ナカムー@ブラ、キタ@春麗、ちょーしゅー@ケン)
というところか

予選は2ブロックに分かれてのリーグ戦で、
両リーグの上位1チーム同士で決定戦という流れ。

自分らはBブロック。

Aブロックは白虎隊が
 yaya3タテ
 タイラ3タテ
 サシシ3タテ
の9タテ無敗で貫禄の決勝進出!

特にyayaサガットのバイソン戦がおかしいくらいに仕上がっていた。
ゲージ持ちのバイソンになんであんなに弾撃てるんだろう・・・
(ちょい前進して、”ちょい”待って下タイガーってところがミソなんだろうね)

最終戦のサシシリュウはyaya・タイラが3タテずつやった後に登場だったから
凄いプレッシャーがあったと思うけど、それを物ともせずに3タテ。すごい!


んでBブロック。
自分らの初戦はナカムーさんのチーム。

相手にブランカと春麗がいるんで
捨石の俺が先鋒。
相手はちょーしゅー@ケン。

野試合で何試合かやっていたが、その時ハメ少なめだったので
逆に大会ではハメ多目に来ると予想していた。
実際にハメ多目だったんだが対処できず。
特に、安直な接近用ダブルニーに上から飛び蹴りをかぶせられて
頭が真っ白になった。
2ラウンド目はそれなりにやれたが、最後に超歩かれてつかまれて死亡。

こっちは当然、ふう@ダルを被せる。

1ラウンド目はふうも緊張していたのか
チョップ対空に大パン飛び込み食らって89秒KO食らうが
その後は落ち着いて対処し勝つ。

中堅のキタ@春麗戦はダル不利ながらも相手のハメを気合で投げ返したり
かなり接戦に持ち込んだが負け。

大将のおじい@リュウも足払い戦に持ち込まれて意識がそっちに集中したところ
飛び込みを落とせずに死亡。
1敗。


2戦目は「沼攻略」(セロテープ@ザンギ、にーあ@本田、TZW@ガイル)チームと。

本田にリュウを残しておくことと
ザンギ・ガイルに分がいいダルを残しておくため
ここも俺が先鋒。
相手はセロテープ@ザンギ。

ここんところ、ボスザンギとの対戦に慣れすぎており
セロさんとの試合が違和感ありまくり。緊張していたことも否めないか。

立ち回りはそれなりだったが、
一番の敗因は起き攻めのシーン。

めくり大Kをガードされたのに
「立ち小K×2-中足-大サイコ」まで出し切ったところ、
サイコの1発目-2発目のスキにダブラリで転ばされて殺される。
ここは「立ち小K×2中足-立ち小K-小ダブルニー」
にしておくべきだったが、甘えてしまった。
1ラウンドは取るものの逆転負けで凹むorz

ま、ある意味織り込み済みではあったので
ふう@ダルで被せて取り返す。

そこをにーあ@本田に切り返されて
さきに大将おじい@リュウを引きずり出される。

かなり熱いというか深読みしすぎというか(あるいはgdgdというか・・・)
接戦となったが、3ラウンド目。

お互いゲージありで残り大攻撃1発で死ぬ体力。
本田は波動にカウンター鬼無双一点に絞りつつも波動にうまく反応できずこう着状態に。

リュウがガードさせようと大ゴス真空を出そうとしたら
大ゴス-何も出ず・・・
んでレバーをグルんと入れて真空発動。
これでタイミングをずらされたのか本田が何かをしようとして真空を食らって勝ち!!

これで流れを完全に掴んだおじいが
大将のTZW@ガイルを殺して勝ち!!


うちのチームの最終戦は「春king後援会」(nwo@バソ、ちか@本田、?@ダルシム)

ここも本田がいるのでリュウは温存。
ダル同キャラは安定しないし、ダルにはベガを当てるということで
先鋒はふう@ダルで。
相手はnwo@バソ。

これはバソ戦に慣れているふうがnwoを下す。

当然のごとく本田を被せられる。
本田の飛び込みに下小Pキャンセルファイヤーで返すなどいい感じの立ち回りを見せたが
最後は画面端背負わされて死亡。
途中のバックジャンプが敗因だったかな?

ここでおじい@リュウを被せるものの
本田のゴリ押しに対処しきれずに落とす。

大将俺。
本田相手とはいえ、ここまで1勝もしていないので意地は見せたいところ。


開幕頭突きに立ち大K相打ちで悪くない。
強襲大頭突きにバックジャンプからのコンボ。
繫がらなかったものの、これでペースを掴んでラウンドを取る。

2ラウンド目は落としたが
3ラウンド目は待合いからダブルニーで突っ込み少しずつ体力を削っていく。
最後は待合から大サイコと見せて中サイコで手前落ちから投げて勝利。


大将ダルシム戦。
ダルシム戦はさんざやっているからそれなりに戦える自信あり。
基本待ち気味に戦いつつ、要所でダブルニーで突っ込みペースを掴む。
画面端のサイコマジックで体力も削り無難に勝利。


ということで、Bブロックは
全勝だったナカムーさんのチームが抜け。

うちのチームは2勝1敗で2位だったけど、
参加のみ目的のチームが大会を荒らしまくって大満足でした。

あと、誰かに頼ることなく
チームのみんなが自分の仕事をきっちりしたことも素晴らしいことだったと。

組んでくれて本当にありがとうございました!>>おじい&ふう


決勝はサシシ@リュウが貫禄の3タテで
白虎隊が無敗の12タテで闘劇本選キップを手にしました。

おめでとうございます!!

Hi3g0005
Hi3g0006


Event


大会動画はこちら


|

« 7/29 ニュートン対戦会(第83回) | トップページ | 8/1 大山「morris」 »

大会結果」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

闘劇予選出場されたんですね。
最後の予選なのにすごい面子がごろごろしてますねw
動画はあるんでしょうか。見てみたいです。
名前が挙がっている何人かは、僕も対戦したことがありますが、本当に皆上手いですよね。
yayaさんは、サガットではなくリュウで対戦したことがありますが、弾の撃ち方が上手く、
跳ばせて落とすを極めるとああなるのかな、という印象でした。
泰羅ベガは対戦したこと無いですが、、動画で攻めのバリエーションを参考にしたりしました。
今回の闘劇は優勝候補が多くて、どこが優勝するのかさっぱりわかりませんが、優勝は価値あるものになりそうですね。

ところで、大山ニュートンは場所柄、僕はなかなか行きづらいので一度しか行ったことが無いのですが、やはり週末の夜とかが盛り上がっているんでしょうか。或いはイベントのある日?
今度一度行ってみようと思ってます。

投稿: poo | 2011年7月31日 (日) 23時52分

>>pooさん

どもです。

自分は昔のように大会を目標としなくなってますが
大会に出ると楽しいですし、地元でお世話になっているゲーセンの大会は
なるべく出て、盛り上げに少しでも貢献できればと。

動画はお店で録画していたんで
後日ニコニコ動画にアップされるかと思います。

yaya氏の弾の打ち方は本当にうまいです。
何がうまいかと言うと、私的には
撃つべきか撃たざるべきかの瞬時の判断と、
状況を確かめた後の撃つ・撃たないの切替がとても早いと感じています。

タイラ氏は安定志向のベガの第一人者ですね。
自分はベガを本格的に使い始めてから安定志向を模索してきましたが
ベガはこうあるべき
と自分が思っている動きを具現化したようなプレイヤーですね。
思っていても実際に動かすのは並大抵のことじゃないですから。

優勝候補は私的には
超無敵不死身(ヌキ・ムテガイル・志木)ではないかと思っています。
対抗はモアチーム(ノグチ・博士・タマシマ)か白虎隊か

大山は普段から常駐しているスト2プレイヤーがいないので
通常はイベントがある時(毎月第1・3土曜日21:00~にある月例大会、など)
にしか人がいない可能性が高いです。

個人的には仕事帰りの金曜の夜に行くことが多く
その際は、連絡掲示板にカキコミして行きます。
カキコミすると、私も含めて何人かのプレイヤーにカキコミがあったことが
自動的にわかるので、迎撃しやすくなります。

なので、誰かと待ち合わせしているとき以外は
空振りを避けるためにも、掲示板にカキコんで迎撃レスを確認してから
お越しいただくことをお勧めします。

ちなみに
私は最近仕事が落ち着いてきたので
金曜以外でもある程度は迎撃可能です。

投稿: ryu@管理人 | 2011年8月 1日 (月) 00時10分

ありがとうございます。
平日はなかなか行きづらいですが、金曜の夜あたりに一度行ってみようと思います。

ベガの目押しコンボ(立小Kx3~大K)が大分実戦で使えるようになってきました。
ryuさんのおかげです。感謝!

投稿: poo | 2011年8月 1日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/29 ニュートン対戦会(第83回) | トップページ | 8/1 大山「morris」 »