« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

7/31 闘劇’11 大山ニュートン予選

闘劇の店舗予選のトリを飾る大山ニュートン予選。(以下、敬称略)
地元での予選なんでふう@ダルと組んで出ることに。

ふうとチームを組むのは故JASPAでの第5回MSC(マスターシークレットカップ)以来で
実に10年ぶりだなぁ・・・


当日現地でおじい@リュウを加えて
チーム「JASPA」で参戦。

14時過ぎに着いて早々にエントリーを済ませて野試合で調整。
コンボ精度に少々不安があるものの、まずまず動けていたかな。

15:30大会開始。

エントリーチーム数は8チーム。
本命はどう考えても「白虎隊」(yaya@サガ、タイラ@ベガ、サシシ@リュウ)で
対抗は「スーパーゴーゴーカレーⅡX」(ナカムー@ブラ、キタ@春麗、ちょーしゅー@ケン)
というところか

予選は2ブロックに分かれてのリーグ戦で、
両リーグの上位1チーム同士で決定戦という流れ。

自分らはBブロック。

Aブロックは白虎隊が
 yaya3タテ
 タイラ3タテ
 サシシ3タテ
の9タテ無敗で貫禄の決勝進出!

特にyayaサガットのバイソン戦がおかしいくらいに仕上がっていた。
ゲージ持ちのバイソンになんであんなに弾撃てるんだろう・・・
(ちょい前進して、”ちょい”待って下タイガーってところがミソなんだろうね)

最終戦のサシシリュウはyaya・タイラが3タテずつやった後に登場だったから
凄いプレッシャーがあったと思うけど、それを物ともせずに3タテ。すごい!


んでBブロック。
自分らの初戦はナカムーさんのチーム。

相手にブランカと春麗がいるんで
捨石の俺が先鋒。
相手はちょーしゅー@ケン。

野試合で何試合かやっていたが、その時ハメ少なめだったので
逆に大会ではハメ多目に来ると予想していた。
実際にハメ多目だったんだが対処できず。
特に、安直な接近用ダブルニーに上から飛び蹴りをかぶせられて
頭が真っ白になった。
2ラウンド目はそれなりにやれたが、最後に超歩かれてつかまれて死亡。

こっちは当然、ふう@ダルを被せる。

1ラウンド目はふうも緊張していたのか
チョップ対空に大パン飛び込み食らって89秒KO食らうが
その後は落ち着いて対処し勝つ。

中堅のキタ@春麗戦はダル不利ながらも相手のハメを気合で投げ返したり
かなり接戦に持ち込んだが負け。

大将のおじい@リュウも足払い戦に持ち込まれて意識がそっちに集中したところ
飛び込みを落とせずに死亡。
1敗。


2戦目は「沼攻略」(セロテープ@ザンギ、にーあ@本田、TZW@ガイル)チームと。

本田にリュウを残しておくことと
ザンギ・ガイルに分がいいダルを残しておくため
ここも俺が先鋒。
相手はセロテープ@ザンギ。

ここんところ、ボスザンギとの対戦に慣れすぎており
セロさんとの試合が違和感ありまくり。緊張していたことも否めないか。

立ち回りはそれなりだったが、
一番の敗因は起き攻めのシーン。

めくり大Kをガードされたのに
「立ち小K×2-中足-大サイコ」まで出し切ったところ、
サイコの1発目-2発目のスキにダブラリで転ばされて殺される。
ここは「立ち小K×2中足-立ち小K-小ダブルニー」
にしておくべきだったが、甘えてしまった。
1ラウンドは取るものの逆転負けで凹むorz

ま、ある意味織り込み済みではあったので
ふう@ダルで被せて取り返す。

そこをにーあ@本田に切り返されて
さきに大将おじい@リュウを引きずり出される。

かなり熱いというか深読みしすぎというか(あるいはgdgdというか・・・)
接戦となったが、3ラウンド目。

お互いゲージありで残り大攻撃1発で死ぬ体力。
本田は波動にカウンター鬼無双一点に絞りつつも波動にうまく反応できずこう着状態に。

リュウがガードさせようと大ゴス真空を出そうとしたら
大ゴス-何も出ず・・・
んでレバーをグルんと入れて真空発動。
これでタイミングをずらされたのか本田が何かをしようとして真空を食らって勝ち!!

これで流れを完全に掴んだおじいが
大将のTZW@ガイルを殺して勝ち!!


うちのチームの最終戦は「春king後援会」(nwo@バソ、ちか@本田、?@ダルシム)

ここも本田がいるのでリュウは温存。
ダル同キャラは安定しないし、ダルにはベガを当てるということで
先鋒はふう@ダルで。
相手はnwo@バソ。

これはバソ戦に慣れているふうがnwoを下す。

当然のごとく本田を被せられる。
本田の飛び込みに下小Pキャンセルファイヤーで返すなどいい感じの立ち回りを見せたが
最後は画面端背負わされて死亡。
途中のバックジャンプが敗因だったかな?

ここでおじい@リュウを被せるものの
本田のゴリ押しに対処しきれずに落とす。

大将俺。
本田相手とはいえ、ここまで1勝もしていないので意地は見せたいところ。


開幕頭突きに立ち大K相打ちで悪くない。
強襲大頭突きにバックジャンプからのコンボ。
繫がらなかったものの、これでペースを掴んでラウンドを取る。

2ラウンド目は落としたが
3ラウンド目は待合いからダブルニーで突っ込み少しずつ体力を削っていく。
最後は待合から大サイコと見せて中サイコで手前落ちから投げて勝利。


大将ダルシム戦。
ダルシム戦はさんざやっているからそれなりに戦える自信あり。
基本待ち気味に戦いつつ、要所でダブルニーで突っ込みペースを掴む。
画面端のサイコマジックで体力も削り無難に勝利。


ということで、Bブロックは
全勝だったナカムーさんのチームが抜け。

うちのチームは2勝1敗で2位だったけど、
参加のみ目的のチームが大会を荒らしまくって大満足でした。

あと、誰かに頼ることなく
チームのみんなが自分の仕事をきっちりしたことも素晴らしいことだったと。

組んでくれて本当にありがとうございました!>>おじい&ふう


決勝はサシシ@リュウが貫禄の3タテで
白虎隊が無敗の12タテで闘劇本選キップを手にしました。

おめでとうございます!!

Hi3g0005
Hi3g0006


Event


大会動画はこちら


| | コメント (3)

2011年7月29日 (金)

7/29 ニュートン対戦会(第83回)

定時で上がって大山へ。
行く前に十条のてんげんでゴマこくつけめん食べていく。


大山到着。

収録台の調整中だったんで
まずは奥の台でボスと遊びキャラで対戦。


まずはダル。
さすがにダル有利は動かない対戦だが
ザンギのバクチを2回連続で通してしまえば負ける。

実際に2回通されることもしばしばだったんだが
何故か勝っていることが多目。
ダル戦の後にやったバルログ戦でも同様の傾向が。

ボスはハメにもハジキを使っているみたいで、
これによりスクリューの方向指定が定めにくいみたい。

それで、画面端から離れてしまい殺せなかったラウンドが多い。

ザンギはスト2で最も
ノーモアワンチャンスなキャラだから
特にきついバルやダル相手に一度掴んだチャンスを逃すと代償がでかすぎる。

地上戦でのはじきスクリュー(特に2P側)とは別に
ハメスクリューの精度アップがボスの課題の一つでしょう。
(最初に上を通すと方向指定がしやすいかと)

あと前から思っていたんだけど
ピヨらせた場合のコンボが
「正面J大P-立ち中P-大足」1択なのは改善の余地があるではないかと。

このコンボ、威力はなかなかのものだけど
決めた後には絶対めくれない。

相手キャラや状況にも寄るけど
サイクロンボンバー(J攻撃-中足キャンセルダブラリ)
なら前進ダブラリからめくりボディに持っていけるわけだし
めくりからの択でコンボorハメによる追加ダメージが更に期待できる。

この辺りは相手のスキにするお釣りにも言えて
相手の地上暴れを「読んで」いる場合は
大足やスクリューではなくて「バニシング」を当てるほうが
その後のめくりからの追加ダメージが期待できる。

ザンギを使ってはいないけど
この辺りを装備すると
もっといやらしいザンギになるのではないかな?


あとはテキトーに春麗・本田・フェイ・ブラ・DJ・キャミィなどを当ててみた。

この中ではDJが最もイケて3連したかな。
本田にはガイルを当てられたけど、ゴリ押しハメで3連して見事返り討ちにw


収録台に移って
まずはリュウザンギ20番。

2P側のレバーが固すぎてハジキには不利な点も相まって
ほぼ互角な展開。

なるべく陣地を確保することを念頭に置き
波動を控えめに、足を差し込めないと踏んだ時は前進して陣地取りをとにかく意識。

起き攻めも前回の失敗を教訓にまずまずの出来。
対空昇竜がイマイチ反応できていないのが引き続き課題。


台を入れ替えて
今度はザンギベガのタイマン。

序盤の9番を収録ミスってしまったが
最初に2連敗。
これは、前回の対戦会での序盤の劣勢と同様で
ボスザンギの行動パターン・テクが少し変わっているのに、
昔の対策を元に立ち回っていたことによる。

それを意識しなおして対戦することで盛り返していった。
とはいえ、
中足ギリギリの間合いでKラリから一気に吸い込むテクは
なかなか対処しづらい。

読みきっていれば当然ホバーだが。
あとはうまく中足が入ればキャンセルダブルニーでピヨリーチを掛ける。

起き攻めはめくり重視だが、
ザンギ画面端の時はなるべく安定固めで。

中盤以降はザンギのミスも含めて優勢になり終了


そんなこんなしていたら
おぬちょさんが来襲!!

会うのは多分7年ぶりくらいかな?

おぬ師のリュウにはかなり苦戦。
SPOTのリュウ的な立ち回りかと思いきや、要所ではさそりくんのような立ち回りもしてくる。
かなり人間性能が必要な動きに苦戦し、3連敗orz

あとはケン・ザンギ・春麗・ダル・ガイル・DJ・バソ・サガなど。
これらには負けなかったけど、みんな良い動きでかなーりタジタジ。

どう考えてもメインのベガが使いたいと思うので
ボスに譲ってサンギベガ戦を。

おぬ師のベガも立ち回りは着実にいき、起き攻めはめくり主体。
勝ち負けが続くいい対戦でした。


おぬ師は最近板橋区民になったらしく、
これからは定期的に大山に来てくれそうでうれしいですわ!!

| | コメント (1)

2011年7月26日 (火)

7/26 西日暮里バーサス「東西戦」動画

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

7/24 新宿「東京チカラ飯」

新宿のSPOT21の隣の旧ゲーセン跡地に今週オープンした飯屋
「東京チカラ飯」


牛丼屋なんだけど、
吉野屋や松屋、すき屋とは少し違う。

コンセプトは注文受けてからの調理というところ。
そのかわり、少し遅めなのが玉に瑕。

今週3回ほど行って食べてきました。


↓チーズ牛丼[大盛]480円
Photo

↓焼肉定食(480円)
Photo_2

牛丼は、牛丼というよりもカルビ丼という感じ。
既存の牛丼とは明らかに別の食べ物だが
これが280円(トッピングなしの場合)なら、既存の牛丼チェーン店の脅威になるか・・・

というと少し微妙。
いわゆる「牛丼」とはまた違う食べ物と評価すべきなので
この辺りは賛否が分かれるところ。

俺はこの「カルビ風牛丼」の方が好きだけど、
松屋やすき屋の「牛丼」も嫌いじゃない。

だけど、焼肉定食は、どう考えても松屋のものよりおいしい。

カルビ風牛丼もあり
松屋やすき屋などの牛丼以外も主力としているチェーン店には脅威となると感じた。


| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

7/23 西日暮里バーサス3on3大会

バーサス恒例の3on3大会のUSTREAM配信リンクです。


Live video for mobile from Ustream

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

7/21 新宿SPOT21野試合

定時に上がってSPOTへ。

Xブランカの人がいたのでリュウとベガで乱入。

リュウでは全然ダメダメ。
2P側で対空昇竜が反応できない。
起き攻めもうまくかなり翻弄された。2敗。


ベガではまぁなんとか。
小中ローリングからの噛み付きもうまかったが
端端から立ち中K牽制の当たらない間合いに落ちるローリングで接近し
そこから攻めてくる戦術もきつかった。
○○○××○×○

最後にいつもの黒リュウの人が乱入。

ラウンドは取られても
基本、こっちがミスしなければ勝つ展開。
○○○×○○○○○×

負けた2敗は削りヘッドプレスがでなかったのと
真空が来ているのにヘッドプレス出そうとしたら
何故か立ち小Kが暴発したとか・・・

SPOTはいまいち信用できないなぁ・・・

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

7/19 西日暮里バーサス「東西戦」動画

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。


| | コメント (0)

7/19 西日暮里バーサス「東西戦」動画

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。


| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

7/16 ニュートン2on2大会動画

ニュートン月一恒例の2on2大会動画です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

7/17 目押しコンボ解説動画

ベガの目押しコンボ「立ち小K×n-立ち大K」の解説動画をニコ動にアップしました。

何気にリュウ戦でのめくり正逆振り解説にもなっています。


| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

7/15 ニュートン対戦会(第82回)

落合の出張帰りに
馬場で数ヶ月ぶりにゴーゴーカレーを食べる。

その後、ミカドに寄ったら赤フェイロン・キャミィの方に
ベガで対戦。
ギリギリで負けなかったけど、とても強かった。


んでニュートンへ。

若松さんと少しダベッていたらボスが来たんで対戦。

まずは、俺1P側でリュウザンギ30番。
ボスが2Pハジキ苦手なところはやはりデカイ。
このあと台入れ替えてもやったけど、プレッシャーが格段に違う。

意識として、
無駄な波動はなるべく撃たない(特に足払い波動)
は序盤はある程度実践できていた。

ホークステージということもあるけど、
対空の意識配分も割と出来ていて、対空昇竜の精度もまぁ及第点。

このあたりがしっかりしていたんで
序盤から中盤にかけては結構ペースを握れていた。
序盤は五分からむしろ勝ち越しまであった。

だが、終盤戦はさすがにボスの地上戦に段々と対抗できなくなり
連敗を喫するようになり、最終的には負け越し。


次に、ダルで。
さすがにキャラ差があるから勝てるが、それでも
遠距離戦で1回ジャンケンに負け、その後の開幕間合いでの読み合いに負けると死亡。

ボス的にはダルザンギどうしようもない、とのことだが
私的には3:7までは持っていけると思う。
ニュートンで収録して研究しがいはあるカードかと。
(少なくても本田戦・Sサガ戦よりはいけるし)


ここでふうが来たんで
ボスザンギにふうと俺のガイルで挑むがボッコボコになるTT
足の差し合いが本当に強くて、まるで話にならない。

俺の課題は、
足払いを差し込むことに意識を集中していて飛び込まれた時に
リフトアッパーを出すこと。
ザンギは大抵早だしJ小Kからのスクリュー狙いだから、それをガードしてはいけない。
結構猶予がないが、これは意識すればできるはず。


んで、次にソニックサマー大好きのボスからのリクエストで
ボスガイルにふう&俺のホークで。

ボスのソニックサマーはかなり早く、
少しでも飛び込みを躊躇すると大概落とされる。

あと、コンドルガード後のお釣りの判断もかなり的確。
このあたりは参考になる。

一度こかせば安飛びからのハメでいけるが、封殺されることもしばしば。

その後、ふうの提案でいつもとは逆に
ふう@ガイルに俺ブランカで。
ブランカ触るの10年ぶりで、通常技を殆ど覚えていない。

なので最初はどう動いていいのかよくわからなかったけど
動画の見よう見まねで立ち回ったら結構いい感じ。

J小Pからの噛みハメにもっていくのに
立ち小Pでなくベガの癖で立ち小K出してしまい
近距離膝の出掛りを投げ返されまくったのと、
リバーラン出したいオラーが出まくって、かなりの頻度でサマーで斬られたが
それでも五分近くには持っていけた。

やっぱりブランカ有利なカードな気がする。


最後に台を入れ替えて1P側のボスザンギに
リュウで20番とベガで10番。

リュウは、まず自分がダメダメ。
1P側で出来ていたことが2P側では全然実践できない。
苦手意識が強すぎる。

更にダルステージということが地味にきつい。
対空昇竜の精度が格段に落ちる。

んで、ボスはハジキがバシバシ決めてくる。
ほんの少し踏み込まれただけで吸われてしまう。
2Pとの差ありすぎ!!
2Pのハジキ精度上げたら完全に詰むんじゃねー?

ということでどうしようもないくらい負け。5:15だったかな?


ベガの方だが、
これもボスの思い切りのよさに俺がタジタジになり
序盤で3連敗を喫する。

とくに、カニ間合いからKラリだして
中足が届かない間合いからスクリューで吸われるところと、
画面中央で飛込みからスクリューと見せかけて
ベガのバックジャンプをバニシングで落とす手口は巧妙。

特に後者はポニーさんがよくやる手だったが、これには驚いたね。

序盤で負け越したんで
中盤以降は慎重に立ち回りつつ、めくりをガンガン狙い
ピヨらせてラウンド終了に持っていって何とか五分で収めた。

23時過ぎていたからしゃーないけど
10番だとお互いの手の内を全て見せることなく
終わってしまうので正直物足りなかった。

もっと早い段階でベガザンギやっておけば良かった
と悔いつつ撤収。


| | コメント (6)

2011年7月13日 (水)

7/12 西日暮里バーサス「東西戦」動画

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。


| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

7/12 ニュートン対戦会(第81回)

明日休みなんで、ちょい残業して
残っていた仕事を片付けた後に大山へ。


先週の続きで
ふう@ブランカにガイルで20番。

やっぱりきつい。
とくに前回に比べて地上で我慢をするようになり
なかなか隙を与えてくれない。

中足もソニックもリバーランの餌食だし
垂直大Pも待たれていたらバーチカル食らうし。

一番の問題は、転ぶと噛み確定という点。
特に画面端だとサマーがすかるためめちゃきつい。
画面端の場合は食らい投げしかないんだろうか・・・

前半10番は本当にきつかった。3:7.
後半はムエタイやスタブをばら撒いて意識を分散させ
要所でリバーランをサマーで斬る確率が上がった。5:5位
このカード、ガイル側はサマーも必要なんだと思う。
例えバクチでも・・・

その後は適当に遊びキャラで対戦。
ふう@ブランカにダルが一番機能した。
特に大ドリからの折檻が妙にハメっぽくなってイイネ!
(無論ハメではない)
対空もなかなか安定し7:3位。

あとはふう@ホークにリュウで20番。
戦績はかなり勝ち越したけど、内容は毎試合危なかった。
とにかくうまくなっていた。かなりホークになっていた。

安飛びはまだ甘いけど、
起き攻めでのハメや、
こちらの牽制のスカりに確実にお釣りを入れてくるところはなかなか。

垂直Jでの牽制から、波動を見てコンドルや、
接近戦の波動にコンドルを合わせてきたり。

油断できない相手になった。


そんなこんなで22時過ぎに撤収。

| | コメント (1)

2011年7月11日 (月)

7/11 新宿SPOT21野試合

仕事上がりにSPOTへ。

いつもの水色リュウの人がいたんでベガで対戦。

地上戦の横押しがいい感じにでき、
プレッシャーに耐えかねて出した波動にデビル5段を決める展開。
めくりも表裏使い分けて即死に持っていく。

たまにカニを昇竜で斬られたりもしたが、それはバクチ。
安定して勝つ展開。

6連して負けて4連して最後バルにチェンジされるも
辛くも勝利して終わり。
CPUキャミィに負けて撤収。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

7/8 大山ニュートン野試合

定時に上がって新宿西口セガで少し野試合してから大山へ。

遅れてきたふうと対戦。


収録台ではふう@ホークにガイルで。
初戦で2連敗したが、その後はそれなりにうまく対空できたかな。

ふうの接近戦での勇気を持った2択はすごかったなぁ。
それで持っていかれるラウンドが多かった。
だが、最後に安飛びミスすることが多く、詰めが甘い。

筐体リセットが頻発してしまったので
奥の台に引っ越す。


今度はキャラ入れ替えて対戦。

俺のホークの接近戦の2択はふうほど大胆になれなかったが
うまくソニックにコンドルやトマホ合わせていけた。
安飛びはほぼ100%の出来なんで、そこで殺して凹れた。

次にふう@ブランカにケンで。
雑巾がけの対処が甘かったが、波動と対空がいい感じに決まる。
ブランカのめくりを早め大昇竜で逃げたり。

最後にふう@ブランカにガイルで。
このカード、ガイル有利との話を聞くけど、本当にそうなのかな?
ソニックに対する雑巾がけ・飛び込みへの対処がとにかく難しい。

雑巾がけには
垂直下り中大P、スタブ、ムエタイ、遠ければ中足

対空は
遠ければ垂直中K、登り大K、ナカガイチor大足

なんだろうけど、とにかく難しい。
雑巾がけに反応サマーは出来る時もたまにあるけど
殆どバクチになってしまう。

ムエタイは下タメを解放するから飛び込まれる。

雑巾がけの間合いで待たれると非常にきつい。


序盤は不用意な大ソニックを雑巾がけで抜けられて苦戦。
中盤はなんとか対応できるようになり優勢。
終盤はお互いに煮詰まってきて互角。

そんな感じでした。

けど、思っていたよりも面白いと感じたよ
このカード!


そんなこんなで撤収して、いっこくで温キャベ塩食べて帰宅

| | コメント (3)

2011年7月 9日 (土)

7/9 西日暮里バーサス「3on3」動画

バーサス恒例の3on3のライブ配信です。(録画データ)


| | コメント (0)

7/9 西日暮里バーサス「3on3」動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

7/5 西日暮里バーサス「東西戦」動画

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」の動画リンクです。


| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

7/3 闘劇’11 西日暮里バーサス予選

バーサスでの予選動画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

7/2 ニュートンXランバト動画

毎月第一土曜日恒例の大山ニュートンXランバト大会の動画リンクです。



| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »