« 9/11  ニュートン「ネタ的」大会 | トップページ | 9/13 西日暮里バーサス「東西戦」動画 »

2011年9月12日 (月)

9/12 池袋ベガス野試合

仕事帰りにさそり会長からの誘いを受けてベガスへ。


X台入れてもらってリュウベガ戦ガチ。

結果は・・・


10100 00110 21012 11201 20000 01101 01010 10012 01
22222 22222 02221 22122 12222 22222 22222 22220 22


5勝37敗(27:77)でしたorz


ここまでリュウ戦で詰まされたことは初めての経験。


本人いわく
「前回の対戦より、3回りほど対策してきましたわ」


闘劇目前の今、
マジで仕上がっていてどうにもならなかったですわ。


1本は取れるし、体力9割まで奪うことは確かにできる。
けど、勝ちきることが非常に難しい。
(確かに5段のミスが目立って多かったのもあるけど、
こんなミスなどは戦績の大勢に影響がないレベルで負けれる・・・)

特に一発勝負ではなくガチタイマンだと
確率論がものをいう。


このレベルのリュウにベガで勝つためには、
勝つための正解を3回連続で引き、
且つそれをミスなく通さないといけない。

2回までは確かに引くことができた(なので体力も奪えた)
だけど、もう1回となると途端に難しくなる。

3回目で返されて、
めくり・鳥かごを食らってそのまま死亡する展開がやたら多い。

めくり大Kはガードしても、そのあとの直投げが非常に返しづらく
それで画面端に追い込まれることが多い。

んで鳥かごだが、
ヘッドプレスを出せる隙を作って、そこにお手玉を合わす手口と
大サイコ逃げを読んでのカウンター昇竜と
大波動の垂直避けを読んで、波動ではなく前進からの大昇竜
というやり口が非常に嫌らしい。


戦術的には
カニで戦況を有利に進めたいところであるが
会長のインターセプト波動が厳しく、なかなか難しい(というかほぼ無理じゃねー?)

インターセプト波動を警戒すると、
なかなかギリギリの間合いで立ち蹴りをだせなくなる。

一歩踏み込んで中Kなんだが、
ここでガードと混ぜて生波動・足払い波動・飛び込みがきつい。


一気に間合いを詰めたくなるが
開幕間合いからダブルニーに
織り込み済みの反応昇竜で刈ってくるリュウなんで
こちらも出しづらくなってくる。

こちらが後手に回ったところで、波動や飛び込みをたまに混ぜてくる。

それを切り返すこともできるが
リバサ竜巻の存在が非常に厄介。

めくりは言うまでもなく、
正面安飛びさえもリバサ竜巻で回避され
着地に投げようとすると逆に投げられると非常に萎える。

着地の隙に中足ダブルニーはかなり難しく、自分はまだまだできていない。
(理論上できるのかどうか不明。)

となると、あとは波動に飛び込むしかなくなるが
結局読みの範疇なんで安定しない。


ということで確率論的にかなり詰んでいるカードに思えてきた。


まぁそれでも面白いんだけどね。


闘劇では壇上で嵐を呼んでくれ!!>会長

クラハシ@リュウが来たんで、クラリュウvsさそりリュウを中心に
ホーク・ダルシム・ザンギなどの対戦を観戦。


とくにリュウ同キャラだけど、
お互いに装備しているものが多いことから
読み合いが理解できない部分(どういう風に思考を進めたらそういう読み合いになる!)
というのが多かった。


しばらくして2人が帰ったんで
ほんの少しだけハイパー台で対戦。


ボスのザンギと久しぶりにリュウ・ベガで対戦。


リュウの方は1P・2P問わず初戦・序盤は出鼻を挫くような立ち回りで勝てたなぁ。
長くは続かないけど、目の前で会長の立ち回りを見た後だったんで
それをまねするように意識した。


やっぱり、波動牽制はあまり有効ではない。
あと、対空反応が良くはなってきた。


ベガは初戦は負けたがその後はなんとか。
固めがまぁまぁ安定したことと、差し込みへの対応が良かったのが幸いした。

意識の虚をつかれて歩きスクリュー食らったときは非常に驚いたが
ボスの弱点であるスクリューの方向制御が不完全な点が大きく、
ボスが得意な1P側ではベガ有利まである。
(はじきスクリューの場合、1P側画面端になりやすいため)


あと、シン@ホークとも対戦。

ホークの小P連打への対策
対空ジャンケンへの対策
どちらも厳しい。


一度こかせばめくりで殺すことも可能だけど
それでは安定はしない。

シンくんはホーク有利とのことだが
ベガ使いとしてホーク有利とは認めたくないなぁ。
最近は五分まであると思っているけど。

なんか無性にマック食いたくなったんで撤収。

|

« 9/11  ニュートン「ネタ的」大会 | トップページ | 9/13 西日暮里バーサス「東西戦」動画 »

野試合」カテゴリの記事

コメント

リュウ戦厳しいですよね~~。
リュウへの正面安飛びの場合、仕込み立ち小Pができれば、昇竜はガード、竜巻は小Pで落とすことができるらしいです。
自分はまだまだ安定しませんが…。

小竜巻でしゃがんだベガの頭上を越されると、ベガはかなり不利ですよね。
竜巻の着地はスキがゼロなので、投げ合ったら負けるんじゃないかと思っています。
ジャンプで跳び越した側と地上にいる側の投げが、前者が勝つのと同じように。

以前、知人に協力してもらって確かめたのですが、竜巻がベガの目の前に着地するように出してもらったのですが、
何度やっても置き中足がガードされてしまったのには萎えました。
ガードされる前提で、中足→小K→投げとかに行くのがいいかと思ってます。

投稿: ボトム | 2011年9月16日 (金) 10時16分

>>ボトムさん

参考になります。


小竜巻で裏に回られた場合は、確かにこっちが投げ負けますね。
対策は多分、小竜巻で裏に回られないように若干離れた間合いから飛び込むことでしょうか
だけど、その場合はコンボが安くなってしまうからおいしくない。

仕込み立ち小Pは苦労の割に安いのが悲しいですが、
安定するならありですね。

立ち小Pからめくりホバー・歩いて裏周りに持っていけるならものすごくありになるんだけど
多分高度的に無理かな?


自分も小竜巻の隙に中足ダブルニーを入れる練習をしたことがあるんですが
何度やっても中足がガードされました。
自分が下手なだけかと思いましたが、おそらく理論上無理なのかも・・・

となると、仕込みができるのなら
正面安飛びよりもめくりのほうがダメージは取れることになりますね。

そもそも
自分はまだまだ仕込みが苦手で、今練習している段階なのでなんとも・・・

仕込み前提でのコンボがなかなか難しいですね。

投稿: ryu@管理人 | 2011年9月20日 (火) 11時04分

正面小P仕込みからのその後の連携については、時間が取れたときに調べておきますね。
確かめくりホバーはいけたと思います。

仕込みの練習ですが、自分はPC上で練習しました。
ステートセーブで特定の場面を何度も練習できるのと、
2P側を動かすツールも探せば見つかるので、
組み合わせれば上記仕込みなども一人で練習することができますので、重宝しています。

投稿: ボトム | 2011年9月21日 (水) 00時17分

調べました。動画にしてアップしたのでこちらを見ていただけるのが早いかと。

http://www.youtube.com/watch?v=RFwJZcnXG8Y

ただ、この動画では余裕で裏周りやめくりホバーを決めている感じですが、
これはかなり反応時間が厳しいです。
自分でも竜巻が来るかどうかわからない(=仕込み小Pが当たるかわからない)状態から、
当たったらすぐに次の行動をとらないといけないのはかなり難易度が高いですね。
せいぜい、ダブルニー重ねて投げに行くのがいいところかな、と思います。

あとは、めくりで大竜巻で逃げられたときも仕込み中Kは当たると思います。
正面からの小P仕込みはほぼ最速で仕込みますが、
めくりからの中K仕込みは遅めに仕込みます。早めに出してしまうと、竜巻に巻き込まれてこちらが負けてしまいます。

投稿: ボトム | 2011年9月24日 (土) 02時50分

>>ボトムさん

動画ありがとうございます!!
すごくわかりやすかったです。

余裕ありそうに見えますが
ベガ側はコンボ狙いなんで
確かにめくりホバーや裏周りは反応難しそうですね。


めくりからの中K仕込みは
動画を見ると確かに遅めに仕込んでいますね。

仕込み中Kからコンボ用の立ち小Kは
ずらし押しのような感じで押せばよいわけですね。

コマ送りしながら見させていただきました。
すごく参考になりました。

投稿: ryu@管理人 | 2011年9月24日 (土) 17時29分

スゲー!
リュウ側は正面は素直にガード、もし仕込みしてくるなら昇竜喰らうかも。
もちろん、仕込んでない時は、ダブルニー確定なんでガード>昇竜
めくりはあの高さだと、めくり用のジャンプ大Kが入らないポイントなので
素直に正ガード。
めくり気味に高い打点の時にはリバサ大竜巻入れてるんで、確反は難しい
と思いますよ。多分。

高い打点のジャンプ大Kだと、着地後の竜巻に中Kは届かないので、結論から
いくとめくらないで正面から重ねて陣地奪うのが定石かなぁ。

投稿: さそり | 2011年9月26日 (月) 11時17分

>>さそりくん

確かに仕込み小Pのフレームから考えると
リバサ昇竜なら負けるかもしれない。

ま、その場合はガードして反確ダブルニー食らうわけなんで
仕込み小Pを覚えておくと読み合いにまでは持っていけるわけね。


めくり大竜巻に遅らせ仕込み中Kが届かないなら
めくりはリュウ側がミスしない限りダメージなしになる。
(俺は未検証だが)


リュウのダウン時の画面端との関係で
起き攻めのチョイスを変える必要がありそうだな。


なんにしても、起き攻めで殺せないのは本当にきついんだがorz

投稿: ryu@管理人 | 2011年9月28日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/11  ニュートン「ネタ的」大会 | トップページ | 9/13 西日暮里バーサス「東西戦」動画 »