« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月14日 (金)

9/12 高田馬場ミカド「初中級者大会(第8回)」参加

ミカドの毎週水曜日のフリープレイ(500円)に参加してきました。

旧所属に仕事のこと聞かれてあれこれ話していて
ミカドに着いたのは20:00過ぎ。

フリープレイには20人くらい参加していたかな。

自分もベガでモリモリっと対戦を。
主にリュウ、ザンギ、DJ、バイソンと対戦。
反応自体は悪くなかったかな。


そうこうしているうちに、フリプ時のイベント「初中級者大会」へ。
参加者は9名。
9人のうちベガが3人(トモザ・越道・俺)というのもすごい偏りだなぁ。
絶対ベガ同キャラ戦になるだろうと


21:00に実況のヨシヲ・トネガワ両氏がそろったのでスタート。


俺の1回戦は、0回戦で+9@サガットを破ったち@リュウと。
リュウ戦は割と慣れているし、野試合でも少し対戦していたんで
落ち着いて対処できて勝ち。

準決勝はやまこふ@春麗戦。
春はキャラ的にきつい。
画面端で投げまくられモードに入られないように心がけたが
2ラウンド目は適当サイコを気功で迎撃され、画面端でモードに入られて落とした。
3ラウンド目はまとわりつかれずに立ち回り、
最後は相手の飛び込みを逃げ大Kで相打ちOKで迎撃して何とか勝ち。

決勝は、準決勝でベガ同キャラ戦を制してきた越道@ベガとの同キャラ戦。

ベガの同キャラ戦は画面端の固めに成功した方が勝つので待合になりがち。
1ラウンド目は空対空でさばききれずに一気に殺されたが
2ラウンド目以降はうまく逃げつつ少しずつ体力を削って勝てました。


ということで、
来週の大会で、これまでの初中級者大会を制した8人が
初中級を超えるためにぶつかるという展開なんだけど、
キャラが


ブラ
バル
リュウ
本田
本田
本田
Sケン
ベガ
・・・

ベガ無理というキャラ構成だなぁw


そんなこんなで初中級者大会は終了。


野試合はいろんな人と満遍なくやったが、
とくにナカム~@ブランカにぼこられたなぁ。
10戦位して1回しか勝てず、勝った1回もまぐれっぽい感じだったし。

とにかく間合い管理が絶妙で、数少ないベガが戦える間合いを潰してきて
じりじりとベガを画面端に追い込んでじぇのさいどられた。


あとは、さそりくんのリュウは相変わらずベガ戦うますぎで
5回位やって1回だけ勝てたけど、どう立ち回っていいか何ともいえん。

そんなさそりくん相手に普通に勝負できているユウベガさんがすごいなぁ


青サイさんのザンギとは大会前はベガで、大会後はリュウで対戦。

リュウでは2P側ではどうにも勝てなかった。
1P側でも序盤はなかなか勝ち切れなかったが、
中間間合いの波動は打ってはダメ
というのを徹底するようになって、対空昇竜の精度も上がり
ようやく勝負に持ち込めるようになった。

最後に2連勝できて満足。


そんなこんなで閉店まで対戦して
えらく疲れた1日でした。

| | コメント (2)

2012年9月12日 (水)

9/11 西日暮里バーサス「東西戦」

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

9/4 西日暮里バーサス「東西戦」

毎週火曜日恒例のバーサス「東西戦」動画のリンクです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

9/1 大山ニュートンXランバト(第5期)

9/4 大会動画のリンクを追加しました。

------------------------------------------------------
久々にゆ~@黒リュウとふう@ダルの3人でニュートン行くことに。
ゆ~は対戦自体1年半ぶりくらいとのこと。


17:50 ニュートン着いたら、既にゆ~がザンギの人と対戦中。
自分もリュウでザンギ戦モリモリ・・・負けてw
ガイルで入っても負けるという体たらくに本気でorz


今日はXランバト(1on1)があるということで
多分いろんな人が来るんだろうと。


ちょーしゅーさんが来たんで、俺はそっちでベガでモリモリ対戦。

ケン戦はやはり苦手。
掴みがなかなか返せないのと、
飛び込みに咄嗟に小P出してしまって3段食らう悪い癖がなかなか消せない。

間合いの意識も体にたたき込めていない。端端か近すぎる間合いの両極端になってしまう。
基本的にダメージソースはカニと、それを見せかけての誘い飛び込みを落とすの2つに
集中しないといけないが、それができていない。

あとは、ケンのめくりが全然わからないので、それで死ぬ点と
こっちのめくりをリバサ昇竜でかわされた時の対処。

対戦した後にちょーしゅーさんと話したけど
端から5段捨てているのにもかかわらず、着地後の中足を空かされて掴まれ過ぎ。
中足出すならワンテンポ遅らせないといけない。
が、中足出してもそれで終わりなので、やはり昇竜のお釣りに立ち大Kのみで我慢するしかないだろう。

50番ほど対戦して、最後の11連敗がなければ多少は良かったんだけどなぁ・・・


んで大会。

オレガイル氏に「とっととエントリーしろ」
つーことで、ゆ~とふうの分も含めてエントリー。

ふうは去年の闘劇ニュートン予選でおじい氏と俺と組んで以来だが
ゆ~は多分いつぞやのマニア(池袋GIGOでやった時)以来の大会参加なはず。


12人参加のため、3人ずつ4ブロックのリーグ戦で上位
2名ずつ選出し8人でトナメという図式。

参加者はブロックごとに(敬称略)
そうぞう@フェイロン、グッチ@リュウ、にくきゅう@リュウ
Happy end@ブランカ、シン@ホーク、ふう@ダルシム
ちょーしゅ@ケン、VIPER@ホーク、ゆ~@リュウ
たき@ブランカ、PECO@ケン、ryu@ベガ


俺はBブロックで、相手はたき@ブランカ、PECO@Sケン。
ベガに死ねと・・・


たきばさんとやるのは相当久々だけど、
たきばさんはどっちかというと待ちよりも攻めてくるブランカなんで
待ってカウンターを入れていく作戦で。

それが功を奏して開幕の読み合いで勝って一気にピヨらセて1ラウンド目取って大分楽になった。
2ラウンド目は中間間合いでリバーラン誘ってホバー差し込んで流れを逃がさずに勝ち。

PECOさん戦は、Sケンなので画面端で鳥かごられるのだけはされないように意識する。
1ラウンド目は優勢だったのを盛り返され嫌な展開。
お互いに2ドットしかなくなったが、
欲を出してヘッドプレスで削りに行って返されたら完全に流れを失うと判断して我慢。
PECOさんもそう判断したらしく波動出さずにタイムオーバー。

2ラウンド目以降もおっかなびっくりの立ち回りをしながらチマチマと削る。
動画で見ていたPECOさんの印象は、基本的には安定行動と感じていたんで
2択は足払い重視で体力的に大幅リードしていた時のみ投げ返し。
2択で負けなかったので勝ち。

精神的に2試合で相当疲れたけど、なんとか予選は1位突破。

ふうはHappyEnd@ブランカ戦ではワンチャンでピヨらされて落としたが
シン@ホーク戦ではキャラ差を押し付けた戦いで勝って2位抜け。

内心きついと思っていたゆ~@リュウは
VIPER戦では(後で本人に聞いたが)昇竜対空捨てて
時間をかけて少しずつ体力を削る戦法が功を奏して勝ち。

ちょーしゅー@ケン戦では、画面端で強気の波動連打で勝ち。

おいおいと思いながら、1位通過したのは見事でした。


んで決勝トナメ。

俺はグッチ@リュウと。
イメージとして
「型にはまらない」、「強気一辺倒というわけでもない」
という感じがしていて、どうにも捉えどころがないやりづらそうな。

ただ、1ラウンド目、開幕は強気に波動打ってペースをつかみにくると読んで
ダブルニー差し込みを選択。

読みが的中して流れをつかめた。
勝ち。
いつぞやの東西戦で負けてたから、リベンジ成功ということで。


準決勝はふう@ダルシムを逆転で下したゆ~@リュウ。
ドリルに技と大ゴスで突っ込んで食らい、お釣りに中足ファイヤー入れたのは見事だった。

久々のゆ~@リュウとの対戦。
1ラウンド目は開幕の読み合いに負けたものの、その後はペースをつかんで勝ち。
2ラウンド目、体力大幅優位だったんだが
画面端から中央で真空持ちのリュウに対して大サイコで突っ込んでしまう。

「間違った!!」

別にコマンドミスでもない。勝負を焦ったんだろうな。
真空は食らわなかったものの、画面端で鳥かごられて死亡。
これで嫌な流れになってしまう。

流れを取り戻そうとしたが、3ラウンド目はやっぱり焦りが大きくなって
突っ込んだ結果をことごとく返されて画面端。
鳥かごられて体力1割くらいまで減らされる。

我慢できず飛び込むが、波動打っておらず・・・

「死亡確定!!」

もう駄目だと思ったが
飛び込みを待っていたリュウが昇竜はおろか立ちアッパーも出してこなくて
逆に五段でピヨらせて勝ちを拾う。


決勝はそうぞう@フェイロン戦。

野試合で2試合ほどやったが、
立ち回りになかなかつけ込むことができず、めくりもリバサ裂空でかわされてしまい
厳しい印象。

めくりは捨てて時間をかけて逃げ回る立ち回りでいこうと思ったが
成す術なくストレートで負けorz


ということで結果2位でしたが
3人揃っての久々の大会でいいところまで行けてよかったですわ。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »