« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月20日 (日)

1/19 大山ニュートン(2)1人2on2大会

続き。


ベガダル戦終わった後に、水色リュウの人が乱入してきたんで
ふうダルと俺のベガ・ダル・リュウで迎え撃つ。

20戦ほどしたが、ベガ戦をかなりわかっていて正直焦った。
特に、鳥かご時のデビリバ避けを反応お手玉に返してくるところと
こっちのめくりは竜巻逃げを使ってくるところ、
デビル五段間合いでは波動は極力せず、ベガのカニに対してインターセプト波動で切り返してくる点は
さそり会長リスペクトっぽいなぁ。

めくりからは立ち小K-小足ヒット確認大昇竜というチョイスは
精度もすごく、新鮮でもあった。
途中で癖とか戦法とか掴めてきて最後に9連したけど、きつかったですわ。


ダル戦では、ふうダルのファイヤーに竜巻・真空をしばしば確反いれてくる。
ダルリュウのキャラ差は如何ともしがたいが、こかされると本当に怖かった。
ダル側の課題としては、ふうはファイヤー、俺は対空だな。

一つわからなかったのは、リュウのめくりをダルが立ち小Pで空かして
スラかなんか出したところに大昇竜を入れられたシーンがあったんだけど
あれって仕込みだったのかな?

あとで聞いたら、バーサスの東西戦に出ているとんかつさんとのこと。
大会前に帰ってしまったんだけど、すごく強かったです。
また対戦よろしくm(_ _)m


そんなこんなで大会。
実は、今日大会ということ知らないで来ていたりしたんだがw
この時間までやっていたんで、うちらも大会に出ることに。


予定では2on2だったけど、参加者8人なので1人2on2に変更。
形式はトナメ、早稲田式ではなく勝ち抜きで、じゃんけんで後決め権か席かを選べる。

参加者は以下のとおり(敬称略)
 トモザ(ベガ・バイソン)
 Viper(ホーク、ホーク)
 闘魂(春麗、春麗)
 やきとり(ザンギ、リュウ)
 オレ(ガイル、本田)
 ラオウ(リュウ、リュウ)
 ふう(ダル、ガイル)
 ryu(リュウ、ベガ)

俺の1回戦はふうと。

じゃんけん勝って後決め選択。席は1Pに。

ふうは先鋒ガイルチョイスしたんで、こっちはリュウで。
我慢しながら画面端に追い込んで波動で殺してダルを引っ張り出す。

途中までダルのけん制に苦労したが、
油断したファイヤーに反応大竜巻合わせることができて勝ち。
2ラウンド目は大ダメージを奪った後にファイヤーへの反応真空が悉く昇竜に化けたりしたが
ギリギリ勝ち。


準決勝は、闘魂@春麗2体と。
正直きつすぎw

先鋒のリュウが春麗1体抜いたまでは良かったけど
対空ミスが最後まで響きリュウが抜かれ、大将戦の春麗ベガ戦もいいところなく負け。
ダルステージに反応し切れなかったなぁ。


決勝は
トモザさんが先鋒のバイソンで春麗2体抜く完璧な勝ち方で優勝でした。
おめ!!


んで野試合。
ふうダルがトモザベガと30番している横で
俺は闘魂さんと春麗ベガ戦を15戦ほどしたが、4回に1回勝てるかどうかという感じ。

画面端で待ちながらの戦術だとなかなか勝てない。
やはり春戦は積極的にカニを仕掛けていかないといけないんだが
対空ワンミスから一気にラッシュ喰らって負ける展開になってしまう。
対空精度を上げるためには間合い管理をきっちりすることにつきるんだが
まだまだ出来ていない。


闘魂さんとトモザさんが帰った後に
俺は天地を喰らう2やって徐晃に殺されている間に
ふうダルがYURI@春麗と対戦していたんで、俺もベガで乱入する。

最初のほうは全然勝てず凹られ放題。
途中で間合いのとり方がようやくわかって、垂直大K間合いで対応すればいいことに気が付き
最後に2連できたが、それまでは7-8連敗した。


あとはふうダルが30連敗位してたんで、春戦を後ろで見ながら自分なりの対策を考える。

中間間合いより遠い間合いでのファイヤーが呼び水となって飛び込まれて負ける展開なので
そこを直していく必要があることをアドバイス。(具体的な内容は、一番下に。)


最後に、やきとりさんのリュウにベガで15戦ほど。
すごく硬いリュウで、しかもいざという時の反応も半端なく(開幕間合いのダブルニーを反応昇竜で返すのキチー)
崩すのに本当に苦労した。


そんなこんなで閉店で撤収し、ふうダルと朝までファミレスで。


早く行って対戦して早く帰るつもりがえらく変わってしまったけど
色々気づかされる点も多かったし、マジで有意義な対戦できました。

--------------------------------------------------------------------
(ダル春麗戦)


【参考動画】 博士@ダルvsヌキ@春麗戦(2011/4/19のバーサス東西戦、16:55くらいから)

この動画で見て取れる博士@ダルの立ち回りについて、
私的には以下の2点がポイントかと。

 ●開幕間合いより少し近い間合いにまで近づくことを優先している。
  近づく手段は「歩く」が多めで、時には「スラ」「ドリ」を選択している。
  ドリについては、2ラウンド目の中盤で春のバックジャンプを見て
  安全を確認して中ドリで間合いをつめている点に注目
  → 春の飛び込みを立ち中Pアッパーで落とせる間合いを維持しつつ
     気孔に大スラかすぐドリで反撃できる距離にいること。
     上記2点から「ダル勝ちパターン」に持っていくための布石

 ●ファイヤーは遠距離からの春の気孔を「見てから」相殺目的でしか出していない。
  (目の前で垂直Jした春の着地にファイヤーを置くシーンは除く)


特に注目すべきは、この戦いにおけるヌキ@春麗の飛び込みが
 2ラウンド目の中Pアッパーで落とされたのと
 3ラウンド目の裏周り中スラ迎撃で落とされた
この2回しかない点。


これは
 「博士が春の飛び込みを許さない間合い管理をきっちりしている」
証拠。

対戦における攻略を考える上では、
勝利するポイントから逆に考えてどういう立ち回りを目指すべきか
考えることが近道かと。

①ダルが勝つシチュエーション(勝ちパターン)を思い浮かべる
 「ダルの春戦は、基本攻めダルで押し切ること」
②そのためにはどういうふうに思考すべきか
 「飛び込みの強い春相手にファイヤーを先出しはできない」
 「ビンタや百烈迎撃がある”待っている”春にドリル先出しはできない」
 (先出しでできるのはせいぜい立ちKけん制程度)
 →ダルは、春の行動を見てから行動を起こすのが基本
③実践
 「中間間合いより遠く~お互い画面端よりは近い」間合いでは
 春の飛び込みを返す技が「逃げ大P」と「置きブラスト」くらいしかなく
 飛込みを返すのが難しい。
 →間合いを詰めるのが最優先

というような感じで攻略を進めていくべきかと。

| | コメント (2)

2013年1月19日 (土)

1/19 大山ニュートン(1)野試合

ダルベガ戦やりにふうと今年初ニュートン。

まずはテキトーに遊びキャラ対戦。

ふうホークにケンとかガイルとか。
今日は全体的に反応面がよかったが、
特にケンはコンドルに対空昇竜や
中間間合いでのけん制の垂直Jに大昇竜が結構な精度で行けた。

ホークの起き上がりにめくり空中竜巻は着地後に吸われることが多かったが
あれって反確?

ふうホークのハメ精度が甘く、ガイルでは勝ちまくり15連。
とはいえ、コンドル見てから立ち小Pはまぁまぁだったし、まだまだだめなガイルだ。


ふうザンギにリュウとかDJとか。
リュウ戦は起き攻め時のリバサ小昇竜とかけん制の小竜巻とかを
見てからバニシングをほぼ完璧。
画面位置や体力状況にもよるが、
喰らった後にめくりボディに移行できるため、スクリューや大足より明らかに嫌。
この点はボスよりうまかったw

ホークのときとは異なりスクリューのハメ精度はよく、けん制のミドルは嫌らしく
(本人はミスが多かったと言っているが)立ち回りでの波動抜けwラリも悪くなかった。

ただ、こっちの対空大昇竜精度がよく、
けん制に中足差込を徹底するようにしてからは優勢になり勝ち越した。

DJ戦ではめくりとか立ち回りでの小・大ソバットとかの対処を
ふうが知らないようで気持ちいいくらい決まって26連。
めくりの対処はわからないけど、
ソバットはダブラリで返せると思うので、動画とか見て研究してね。


ふうガイルにリュウで。
これは本当に面白かった。
以前のふうガイルは知識が不足していてソニックで粘りきれず
最終的に飛び込まざるを得なくなっていたが
今回はソニックの打ち方が明らかによくなり、ソバットや下がり、
J避けの仕方も非常にうまくなっていた。

結果として地上戦で強引な仕掛け(特に竜巻)をしたところを
返される展開になりがちになってしまった。
特に、ソニック避け前進目的の小竜巻を
見てから一歩歩いて屈中P・マニュアル対応が本当にうまかった。

こっちも粘りに粘ってソニックをガードして少しずつ間合いをつめて行く戦いに移行して
いい勝負になった。ちょい勝ち越しくらい。

ここまでで3時間近く対戦し続けていたんで、少し休憩した後に
メインのベガダル戦。
当初は10番の予定だったが、結果として30番に。

ダ:01000 20011 10011 11000 01001 00220 = 3(16)
ベ:22222 02222 22222 22222 22222 22112 =27(56)

細かいテクがどうのこうのとかいうよりも、今日は自分の対応が少し出来すぎだった。
普段ハイパー台でやっているからステージ速度が遅かったことが影響していると思うけど
いつもは見えないものが今日は見えていた。
対戦しているときは全然負ける気がしなかった。(勿論、こんだけ連勝しているからということもあるが)

集中力も20番位までは全然落ちず、そこが一番よかったが
それも、ミカド配信とかでユウベガさんの立ち回りを見たことで、
対戦における思考面を強化できたからじゃないかと。


長くなってきたんで、残りは次の投稿で

| | コメント (2)

2013年1月14日 (月)

1/13 池袋ベガス野試合

ゆ~@リュウのリハビリ対戦ということで池袋へ。


池袋のゲーセン行くのは2人とも久々だったんで
テキトーにハシゴする。


まずはGIGO(ハイパー2台、100円2クレ)。
100円2クレ期間中でいつもより少しお得。
Nリュウの人がいたのでゆ~@Xガイルで乱入。
途中でXベガの人が1コイン分乱入してくれた。
あとは、俺が嫌がらせのようなXダル・XDJなんかで乱入。
DJがいい動きできてちょこっと嬉しかったり。


次にゲームサファリ隣のランブルプラザ(ハイパー2台、50円)へ。
今日はKOFの大会(対戦会)やっているみたいで、ハイパーは対戦なし。

このゲーセンは雰囲気がいいんだよな。JASPAに近い。
対戦ゲームに力を入れているので、スト2も流行ってほしいな。


んでベガスへ移動(ハイパー2台)

1年ぶりくらいにベガス行ったけど、相変わらず対戦は回っていたな。
黄緑リュウ、緑春麗、青バイソン、黒ガイル・赤ホーク、紫ダル、青バル、黒サガ
という感じ。

リュウと春麗(バイソンの方も?)は横浜から遠征できた方で
俺はリュウとベガで、ゆ~はリュウで3時間ガッツリ対戦できた。

ベガ戦はまだまだ知識不足だと思うが
横浜らしい理論の裏打ちによるバクチ控えめの
落ち着いた立ち回りを目指していることががはっきりわかる。

最後にゆ~リュウとベガで30戦。
ブランクのあるリュウに負け越すわけにいかない!


序盤の10戦はかなり一進一退の展開。
ゆ~は久々の割には落ち着いた対応を見せ、容易に崩しづらい。
「こうなってほしい」という都合のいいお願い対応がほとんどなく
対空、鳥かご、めくりヒット確認全てかなりしっかりしていて結構きつい。
こちらの読みが冴えているときは勝つが、読みを外されるとジリ貧になり負ける展開がづづく。

しかし、中盤以降はどうも技の精度が悪いことにより集中力が切れたようで
悪いバクチ的な動きが多く見られるようになってきた。
開幕大昇竜とか、鳥かご時のベガのバックジャンプを期待したお願いふんわり空中竜巻など。
面食らって食らうことも結構あったが、流れは完全にこっちに来る。

ベ:○○×○× ○×○×○ ○○×○○ ×○○○○ ○××○○ ○○○○×
リ:××○×○ ×○×○× ××○×× ○×××× ×○○×× ××××○

6:4、8:2、7:3の30番計で21:9

閉店近くまで対戦してお腹いっぱいで撤収。
地元のファミレスで朝までダベりまくって帰宅。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

12/30 大山ニュートン野試合

明けましておめでとうございます。
2013年になって初めての書込みなんですが、記事は旧年中の内容だったりします。
(PCが壊れたのと、ミカドの配信をずっと見ていたからだったりしますがw)


ふうダル誘って久しぶりのニュートンへ。
青サイさんとシンくんも来てくれてガッツリ対戦。

青サイさんのザンギにリュウで対戦。
本人の弁とは異なり、2P側の青サイさんが強かった。
ハジキスクリューの精度が1P側よりも良かったし、立ち回りもきつい。
特に2P側だとスクリューが前進しやすいので、画面端に持ち込まれやすいのがなぁ。

DJでやってみたら、かなり勝ててちょっとうれしい。
小エアスラをダブラリでかわした所に一歩歩いてスライディング差込がいい感じだった。

あとは、ふうと二人でダル使ってザンギ・ホーク戦をしばしば。

ザンギ戦はじゃんけんに二度負けても後があるので少し楽。
青サイさんは綺麗にその場その場で仕切りなおしのじゃんけんに応じてくれる感じ。
その場での大足、ダブラリ、バニでこっちの屈大P、立ち大P、ファイヤーを返す意識が強すぎる気がした。
もっと歩きの選択肢を多めにしてもよいかと。
ザンギがただ歩いてくるだけでもプレッシャ半端ないので。

ホーク戦は、三角パンチが厄介なので、それを意識させられてのコンドルが少々面倒だが
三角パンチがプレッシャーにならない安全な間合いの場合、
基本的にはコンドル以外を気にかける必要がない。
なので、コンドルは落ち着いてガードでいいが、反応できれば小チョップで落とすほうが
画面端に押し込まれないのでホークとしては結構いやらしいような気がする。
着地にスラスト重ねは、タイミングを間違えると着地即トマホで転ばされるので
自信がなければやらないほうが安定する。

三角パンチが届く危険な間合いの場合、綺麗に落とすのはほぼ無理だが
それでも小チョップや逃げ大Pなどで落としたい。
と言っても、逃げ大Pは早めコンドルから即トマホで落とされることがあるからリスクがある。

とにかく一度でも転ばされるとかなり死ねるので、緊張度が半端ない。
それでも、ダル対ザンギ・ホークは7:3くらいではないだろうか?


最後にふうダルとダルベガタイマン60番ほど。

今回一番感じたことは、ふうが大分我慢強くなっていた。
自分のターンでなくなったときに、
以前ならそれでも無理やり押し込みに来る傾向があったのでそこを切り返して逆転することがあったが、
今回は、自分のターンでなくなったらおとなしくガード安定で次の機会を待つスタイルになっていた。
個人的にはこれが一番驚いた。

技術的に良かった点は
・ヘッドプレスガード後の裏周り投げが悉く投げ返されたこと
・めくりホバーヒット後の投げと下段の2択の局面における投げ返し精度
・中間間合いでのお見合い状態からのドリルが少なく、安定志向
と言った点が印象に残った。

序盤は面食らった部分もあっていい勝負。
中盤からは、こちらもじっくりとかまえてカニも使った陣地取りが功を奏して優勢に。
あとはめくりがバシバシ決まったが、サイコマジックの精度はまぁまぁと言ったところか。
ただ、勝つには勝ったが、体力差がほとんどないギリギリの戦いが多かった。

最後の最後で競り勝てたというところなので、ダル視点では当然詰めの部分を修正すべきだろう。

これだけ長時間のタイマンは久しぶりだったけど、集中力は結構持続したのはうれしいところ。


閉店後、ふうとファミレスで朝までダベッたが、
3時間の睡眠で大晦日良くもったなぁ・・・

そんなこんなで2012年を締めくくったわけですが、
昨年はあんまりブログ更新できなかったので、
今年は毎日は無理でもいま少し更新したいと思っています。

今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (1)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »