« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

6/30 アナログテレビデオの地デジ対応

昨年のアナログ→地デジ移行により見れなくなっていた
自宅1階のテレビデオを復活させようと思い、
その作業にようやく着手した。


自分はそんなにテレビ見ないから関係ないんだけど
親がテレビ見たい派で、1階で見れないのはテレビが悪いからと
本気で思っているんで、何とかしようかと。


これまでもたまに秋葉行っては地デジチューナーの格安品がないか見てた。
地デジ移行がひと段落すれば安くなると思っていたが
一時期の5000円程度から下がってもなかなか1500円以下のはないね。
大抵2000円程度が主流。

と思ってこの前秋葉行ったら
980円の格安品見つけたのでようやく購入。

購入したのはユニデンのDTH11
で、大抵2980円で売られている品。

安い理由は、本来なら付属しているB-CASカードが付属していないから。
しかし、自分には壊れた液晶TVに付属していたB-CASカードがあるので支障なし。


んで、宅内配線関係を修正。

自宅はアナログ時代は受信困難地域だったんで
共同アンテナでテレビ見ていたが、
当然地デジに移行して写らなくなったので、
リビングのテレビに室内アンテナ付けて見ている。

このアンテナと既存の壁内配線を結んで1階アナログテレビでも見れるように
分配器の配線を変更する。


【変更前】 ※F=F型端子

共同アンテナ→→→¬
            ↓
TV ← 2階F ←← 分 →→ 2階F
           配
    1階F ←← 器 →→ 1階F → TV
           (1F)


【変更後】

共同アンテナ→ ×
           
       室内アンテナ
         ↓
         ↓
 Γ←←←←分配器(2F)
↓        ↓
↓        ↓
TV        2階F →→ 分 →→ 2階F
                配
         1階F ←← 器 →→ 1階F → TV
                (1F)

1階風呂場屋根裏の分配器の設定を
 IN : 共同アンテナ → 2階Fに繋がる配線
に変更し、

2階室内アンテナからテレビに直結していた配線の途中に
分配器をかまして、テレビと2階のF型端子に分配した。

これで一応配線的にはOKだが
1階テレビまでの配線が長くなるため、1階テレビのアンテナレベルが50以下の状態で
ブロックノイズでまくり。

そのため、室内アンテナの位置を微調整して対処。
アンテナレベルがなんとか50中盤位に回復し、映像が写るようになりました。

費用を殆ど掛けずに地デジ化に対応できて満足できましたわ。

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

6/28 大山ニュートン野試合

青サイさんからのお誘いで2ヶ月ぶりのニュートンへ。

金曜夜のXフリープレイには実は初めての参加。
21時に着き店員の若松さんに挨拶したら、
今日からフリプの参加費が変わったとのこと。

 17時~閉店まで : 800円

 21時~閉店まで : 500円 

これまでよりリーズナブルになったので、より多くのプレイヤーに参加してもらいたいですね。


2ヶ月ぶりのXなんで、まずは対戦よりもCPU戦で慣らし運転。
マジで安飛びタイミングわからなくなっていて焦る焦る・・・
目押しコンボの精度もひどい有様で、
如何に毎日触ることが大事なことなのかを痛感することしきり。

同じくCPU戦で調整していたふうと対戦。
ふうザンギにリュウ・DJ・ガイルなど。

リュウでは地上戦で優勢を保てたお陰で
ダルステージなのに対空昇竜の精度も高めで維持できた結果
22連とか上々。

逆にDJでは考えなしのソバットを
ダブラリでこかされた後の農業ハメに成す術なく負けたな。

ふうホークとはケン・ガイルで対戦。
ケンはテキトーな立ち回りだが、超反応昇竜とかでまぁまぁ。
ふうもNコパハメがいい精度だったな。

そうこうしていたら
さそりリュウ・かおるガイルコンビが来たんで久しぶりに対戦。

さそりリュウは相変わらずベガ戦極まった対応される。
こっちのめくりは1回くらいしか決まらなかったけど
向こうのめくりは7割ヒットする有様。

開幕の飛び込みは折り込みづみだったから反応お手玉で返しても
その後が回避されると辛いなぁ。
結局7連敗してようやく勝ち。
ユウベガさんとか見てるともう少しベガも何とかできると思うんだけどなぁ・・・

んで、かおるガイルとベガガイルを40番ほど。
序盤は6連とかして優勢だったけど
かおるくんの反応、対応、コンボ精度がかなりやばい!

特に、
ベガがサイコ・ダブルニー出してきそうなところで立ち小P置いていたり、
デビリバ泳ぎの空中反転タイミングを待って前ジャンプ大Pで落としてくるその精度に手を焼いた。

また、めくりがわからず、めくり小Kを決められると
 しゃがみ小P×2→立ち小P→サマー
 しゃがみ小P×3→ダブルサマー
とかバシバシ決めてくるんだもんなぁ
ガイルのめくりを何とかしないと・・・

ということでこっちの引き出しが枯渇してくると
途端に戦況が一変し負けが込んでくる。
一時期8連敗した頃は、打つ手が殆どなくジリ貧に陥っていた。

考えを改めて、戦法を一撃離脱から粘着カニに切り替えて
意図的にドロ試合に持っていくようにしてようやく持ち直したが、
それでもベガ不利を打開したとは言えなかった。

俺の場合リュウ戦にも言えるんだけど
ガイル戦は特に自分のベガの動きの未熟さを痛感させられるカードだと。

となりの台ではさそりSザンギがシン・東単騎リュウと熱い勝負を繰り広げてたなぁ。
さそりくんのザンギは地上戦のプレッシャーが恐ろしく、普通に強いんだよなぁ。
踏み込みが並みのザンギよりも鋭く、ポニ村・アトミックボーイ並でやばい。

その後はかおるガイルとのリュウガイル戦をひたすらしている横で
俺はふうダル・青サイザンギとベガ戦ちょこっとずつ。
ダル戦はサイコマジックの精度がよく、ザンギ戦は対空精度が良かったので優勢に展開できた。

そんなこんなで閉店。
青サイさんと路上でダベる。


青サイさんは今、横浜の方で
ドイツ製ワイン販売の営業という仕事をされていて
そのワインの味見をさせていただいた。

私的にはワインは苦いイメージが強くて
飲み会とかでも避ける傾向がある俺なんだけど

3種類試飲させていただいた中で、
シュペートレーゼ
という甘さを増すために遅摘みして収穫した葡萄を用いたワインは
ワインとは思えない甘さを出していました。

確かな品質のワインを扱っていると思いますので
ワインを嗜好される方で興味がある方は一度試飲してみてはいかがでしょう(宣伝)

------------------------------------
ワインハウスゲアハルト株式会社
 横浜オフィス:神奈川県横浜市中区南本牧3-8
          045-628-6811
 http://www.gerhardt.co.jp
------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »