« 7/31 池袋ボーリング | トップページ | 10/17 中野TRF野試合 »

2014年10月10日 (金)

10/10 NESiCAxLive対応ハイパースト2

先月くらいに告知されていた
「NESiCAxLive対応のハイパースト2」が先日稼動したとのこと。
こちら

スト2関係では久しぶりの話題だったので
池袋行ってやってきましたで。

まぁ普通のハイパーです。
操作感は普通で、ラグとかはないね。
コイン入れると、シリーズ選ぶ前に60秒間ネシカのカード使うかどうかを聞いてくる。

気づいたのは、
例のスタートボタンと攻撃ボタンの組み合わせで表示するチャットメッセージが
ハイパー仕様からX仕様(「求む!対戦プレイ」)に戻ったことかな。

CPUのバルのアルゴリズムが変わった気もするけど、
これは多分気のせいでしょう。

気になったのは、
ブラウン管時代のゲームだから
液晶ディスプレイだと解像度が違いすぎて、
ものすごく荒く見えるのがマイナスポイント。
どうせならHDにすればいいのに・・・

最大の問題はネット対戦対応ではないことでしょうね。
まぁ、これはスト2の問題ではなく、
NESiCAxLiveシステムの問題(つーか課題)でしょうけど。

戦績表示とか出来るのはいいんだけど
ネシカ台はNESiCAxLiveの通信代として30円掛かるらしいので
クレジットを安く出来ない。
通常はどこも1クレ100円。

ウル4のように
別ロケーションのプレイヤーとマッチングしてくれるのなら
ネシカでやる意味もあるが
基本的にスト2は昔のゲームなので、現在遊べるロケーションは数が少なくなっている。

なので、折角ネシカ台があるロケーションでスト2を遊ぼうにも、
対戦相手がいないはず。

今でもスト2の通信対戦台が稼動しているロケーションでは
1クレ50円以下が普通で
そこにネシカを置いてもやるわけないし、
ネシカ台は高いから、そっちに移動するわけもない。

また、スト2が流行っているゲーセンでは、
通信代が掛かるネシカよりも普通の筐体のほうが利益が多く出る。


これでは、ネシカ対応ハイパースト2が流行るわけないと思う。
今後3rdやZero3なんかもでるらしいけど、これでは期待できないと思う。
せめてレトロゲームは100円2クレとかにしないと・・・


やはり
オリジナル要素がない既存のゲームの焼き直しで再ブームを狙うのであれば
ウル4のようにマッチング対応にしないと、意味がないだろうね。

|

« 7/31 池袋ボーリング | トップページ | 10/17 中野TRF野試合 »

野試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/31 池袋ボーリング | トップページ | 10/17 中野TRF野試合 »